意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

藤野英人「投資家がお金よりも大切にしていること」を読んでお金の本質について考えさせられた

// 実は最近ひょんなことから投資家の方と仲良くなり、毎週毎週一緒に遊んでいました。 その人がすごい野球が好きで、僕も野球が好きなので一緒にアマチュアからプロの試合まで観に行ってました。 僕はとりあえずフットワークだけはめちゃめちゃ軽いし返信も…

自己啓発本なんて読んだところで意味あるの?

// 最近僕の周りにも落合陽一はすごいやらホリエモンの本が面白いやら言い出す人たちが増えてきた。 いや、確かに落合陽一もホリエモンもみんなすごい。 すごいんだけど、すごいすごい言ってるやつらはみんな書店で平積みされているこんな感じの本を読んだり…

【北欧一人旅】スウェーデン編 森の墓地-Skogskyrkogården-へ

// <北欧一人旅前回の記事> www.nakajima-it.com ストックホルム二日目の朝。カウチサーフィンで泊めさせてくれたホストさんが車で送ってくれることになった。本当にありがとう。 昨日の夜は雨が降った。車の窓にも水滴がついている。 この景色は世界どこ…

モテない男は夢をみる

// 高校生のとき、いちご100%という漫画が流行った。 どこの誰が持ってきたのか忘れたが、教室の後ろにいつの間にか全巻揃っていて、休み時間、授業中問わず多くの男子が熱中していた。 何を隠そう僕の高校は男子校であった。 ほぼ100%童貞が集まった、チェ…

もののけ姫の原点になった「シュナの旅」

// 金曜ロードショーで「もののけ姫」が放映され、大いにタイムラインが盛り上がった。 もののけ姫にはジブリの世界観が余すところなく詰まっていると言えよう。壮大な自然を舞台に、人間と動物とが生死を賭けて闘う。その中にちょっと不気味で可愛いコダマ…

ノルウェーの森でノルウェイの森を読む夢が叶った

<北欧一人旅前回の記事> www.nakajima-it.com 翌朝、5時半に起きた僕は急いで荷物をまとめ、駅までの下り坂を駆け抜けた。 ベルゲンの朝は寒い。風も強く、濡れた地面に足を取られぬよう、注意して坂を降りる。 15分ほどで駅についた。始発である。これか…

全国の悩める子羊たちよ「グミ・チョコレート・パイン」を読んでくれ【後編】

// <前回の記事> www.nakajima-it.com 小学校6年生、まだポコチンの周りに毛も生えていなかった頃、大橋賢三のヘソ下三寸、その内部三寸あたりにポチンと赤く光る球体が息を吹き始めた。 その正体は...リピドー...すなわち「性欲」。スケべーである。 そし…

全国の悩める子羊たちよ「グミ・チョコレート・パイン」を読んでくれ【前編】

// さかのぼること今年の2月。僕は千葉にいた。 北風がぴゅーぴゅー吹くなかえっちらおっちら自転車をこぎ駅まで行き、長く電車に乗ってやっとたどり着いた。 そう。僕はあまり乗り気ではなかったのだ。 僕が千葉まできた理由。それはライブだ。 バンド好き…

将来の夢なんてない

// 小学生の頃、将来の夢についての作文を何度も何度も書かされた。 学期が変わる度、学年が変わる度、イベントがある度に先生から原稿用紙を渡され、みなさんの将来の夢を書いてくださいと言われ、鉛筆を持ってじっと机に向かったものだった。 僕は小学校か…

樹木希林さんの言葉を上空1万mで読んで。

// 実はこのところずっと1人で海外を旅行していて、最近投稿した記事はみな出国前に書き溜めたものだ。 日本にいない間に山本KID徳郁さんが亡くなったり、西野七瀬さんが乃木坂の引退を表明するなど、色々なことが起きた。 そして大女優の樹木希林さんの訃報…

ホリエモンこと堀江貴文氏の「多動力」は僕らの背中を押してくれる。でも。

// ホリエモンこと堀江貴文氏の有名な著書「多動力」を読んだ。 この本には堀江貴文氏がずっと伝えてきた、自分に素直に生きることが一番というメッセージが込められている。 意識が高い人の間では神のように崇めたてられている堀江氏だが念のため軽く紹介し…

100円のパンを我慢して100円の本を買うようにしたら人生が豊かになった

// 僕の最寄駅にはブックオフがあり、その隣にコンビニがある。 授業終わりや遊んだ帰りに小腹が空くと、家まで我慢できずによくコンビニに寄ってしまう。 コンビニはすごい。ちょっとした食べ物もスイーツもお酒も、なんでもそろっている。 特にお腹が空い…

文化庁の宗教年鑑が無料で読めて面白い

// この前なんとなくTwitterを眺めていたら文化庁の宗教年鑑が面白いと友人が呟いているのを見かけた。 どれどれと思って文化庁のサイトを生まれて初めて訪ねてみると、統計・白書・出版物の項の白書・年次報告等に宗教年鑑があるのを発見した。 バックナン…

やまだたいちの奇蹟っていう超面白い野球漫画があったんだよ

// 僕は小さい頃から野球を続けていて、そのため数多くの野球漫画を読んで来た。 同じ少年野球のチームに野球漫画を数え切れないくらい集めている友達がいて、毎週末彼の家に行っては片っ端から読み漁っていた。 メジャー、ドラベース、あおい坂、ダイヤのA.…

子どもは読んではいけないエドワード・ゴーリーの絵本

// 僕の高校の図書館にはなぜか絵本が置いてあって、はらぺこあおむし、かいじゅうたちのいるところなど色々な絵本が置いてあった。 一時期お昼を食べた後に図書室で絵本を読むことにハマってた僕は、意味不明で退屈な授業と泣くほど辛い部活で廃れた心を癒…

「君たちはどう生きるか」が描く真っ直ぐな成長に心を打たれた

// 君が何かしみじみと感じたり、心の底から思ったりしたことを、少しもゴマ化してはいけない。そうして、どういう場合に、どういうことについて、どんな感じを受けたか、それをよく考えて見るのだ。 そうすると、ある時、ある所で、君がある感動を受けたと…

石原さとみのハートを射止めた男、SHOWROOM社長前田裕二「人生の勝算」が力強かった

// その男は小学校二年生の夏に母親を亡くした。 物心つく前にすでに父親はおらず、8歳にして兄と二人で生きていく試練に直面した。 そして時は流れ2018年。なりたい顔No.1の女優・石原さとみの熱愛報道が取り上げられた。その相手こそ、先ほど紹介したSHOWR…

竜馬がゆく。僕らもゆこう。

// ー大政奉還 まっとうに義務教育を終えていればこの言葉を知らない人はいないだろう。 慶応3年10月14日。江戸幕府第15代将軍徳川慶喜は政権返上を明治天皇に奏上し、徳川265年の歴史に自ら幕を下ろした。 歴史の教科書には大政奉還についてこの程度のこと…

大学受験のとき偏差値70をキープしていた僕の英語勉強法

<目次> 1. まずは単語を覚えまくる 2. 英文を読みまくる 3. 作文とリスニングも特別なことは必要ない 僕は大学受験の時、英語だけはよくできた。大学受験の時も駿◯台全国模試の英語の偏差値は70をキープしていたし、受験本番も英語だけはかなり良くできた…

「竜馬がゆく」を読み進めているんだけどアツくて居ても立ってもいられないので読み終えてないけど感想を書かせてくれ

// わしには、天がついちょる。大事をなそうとする者にはみな天がついちょるもんじゃ。 天保6年、土佐藩のとある郷士の家にひとりの男子が誕生した。生まれる前日の晩、母親は龍が天を飛ぶ夢を見た。生まれたばかりの幼子の背中にはまるで馬のような産毛が生…

紀州のドンファン事件を受けて金で愛は買えるのかについて真剣に考えてみた。

// 先日質問箱にこんな質問が届いた。 これはなかなか難しい質問である。金のない大学生にとって一食分相手に奢るのは財布に大ダメージを伴う。では一体どうしたらいいのか。 今回は最近話題のあの事件に絡めて質問に僕なりに答えていきたい。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 紀…

マインド・コントロールの正しい使い方

// 1951年3月、コペンハーゲンの銀行に男が押し入り、拳銃を突きつけ金をよこせと脅し、近くにいた係員2人を射殺し逃走した。 男が逃走に使ったのは自転車で、目撃情報も多く寄せられたため事件の数時間後に逮捕された。あまりに稚拙な犯行のため、当初は短…

TOEIC初受験で800点超えを達成できたので勉強法をまとめてみた

<目次> 1. 便利な無料アプリ (i)mikan (ii)Podcast (iii)Wikipedia (番外編)海外ドラマ 2. 仕上げに買った本たち 3. 本番の戦略 先月TOEICを初めて受験してきました。 結果は思ったよりもかなりよく835点を取ることができました。 (その後この勉強法を継続…

「僕は君たちに武器を配りたい」を読んで投資について考えた

// この世には数えきれないほどのビジネス書がある。 電車の広告には”この本を読んで人生が変わった!”、”この本に出会って仕事がうまくいくようになった!”など本当か嘘か分からない賞賛の声が並べられた吊り下げ広告が所狭しとぶら下がっている。 書店で真…

「風立ちぬ」は全ての若者が見るべき名作である

// 創造的な人生の持ち時間は10年だ。 設計家も芸術家も同じだ。 君の10年を力を尽くして生きなさい。 僕はジブリで義務教育を終えた。 そう断言できるくらい小さい頃からスタジオジブリを見て育った。 幼稚園の頃には毎日トトロと魔女の宅急便と千と千尋を…

「世界最強の商人」を読んで行動することの大切さを再確認した

// 「世界最強の商人」は世界中の経営者が愛読する名著です。普通の自己啓発本とは違い、物語形式で”世界最強の商人”になるための10の心得が説明されています。 物語の主役はハフィッド。今から2000年ほど前の中東で活躍した”最強の商人”です。彼はありとあ…

「ウィニング 勝利の経営」を読んでリーダーシップについて反省した

// ーいいか中島、リーダに必要な素質は”4つのE”だ。 ー4つのE? ーそうだ。4つのEだ。お前が4つのEを全て持てば、いいチームができ上がる... ー先生、その4つのEって、一体なんなのでしょうか...? ー教えてやろう。最初のEは... ******* 僕は中学時…

未完の大作『セラフィム 2億6661万3336の翼』を読んで欲しい。

// 僕はずっとディストピア漫画が大好きで、作者独自の荒廃した世界の描き方が大好きだ。 火の鳥未来編、風の谷のナウシカ、AKIRA...色々なディストピア漫画を読んできた。 誰もいない世界でたった1人生きるサトル、蟲が支配する世界の真実を解き明かすナウ…

いまさらだけど2017年に読んだオススメの本を10冊紹介します。

// もう2月になってしまいましたが、2017年に読んだオススメの本を10冊紹介しようと思います。 小説から科学に関する本まで幅広く紹介するので気になった方はぜひ読んでみてください。 1. 不可能、不確定、不完全 本書は数学の世界における三大”できない”、…

【考察】キリトかなーやっぱりwwを嘲笑ってはいけない

// 僕らは日常的に嘘をついています。ここでいう嘘というものは他者を騙すような悪質な嘘だけではなく、自分の体裁を保つための嘘や、人間関係を円滑にするための嘘も含みます。そうなるとほとんどの人が毎日何かしら嘘をついていると言っていいでしょう。 …