意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

一人で初めてのクラブにいったら運命の出会いをした話。

 

 

 

人生はチョコレートの箱、開けてみるまで中身は分からない

 

 

 これは映画フォレスト・ガンプの有名なセリフだ。

人生は何が起こるかわからない。

自分が経験したことのない未知の世界に飛び込むことほど、ワクワクすることはない。

そう思った僕は先日の金曜日の夜、一人で人生初のクラブに行ってみた。

 

21時

六本木に降り立った僕は、事前に調べたクラブが固まってる一帯に向かった。

f:id:Nakajima_IT_blog:20180106182340j:plain

よく通う人ならわかると思うが、21時から営業しているクラブなどほとんどないし、人もほとんど入っていない。クラブが盛り上がるのは深夜2時くらいの時間帯だ。そんなわけでまだまだ人が少ないとおりを一人歩き、たまたま営業しているクラブがあったので入場料を払って僕は中に入った。

 

中に入ってまず、爆音が鳴り響く薄暗い室内に圧倒された。華やかな照明、タバコと香水が混じった匂い、体を震わす重低音。全てにとってが僕の初めてだった。カウンターでジントニックをもらい、一人酒を飲む。

 

店内を見渡すと、本当に外国人しかいなかった。これは六本木という街の性格からなのだろうか。100人は入りそうな店内に10人ほどしかおらず、友達できたような感じだった。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180106182331j:plain

いい感じにお酒が回ってきた僕は、酒の勢いで手当たり次第周りの外国人に話かけまくった。

 

"Hi ! My name is Hiroshi ! Where are you from?"

"Why did you come Japan?"

 

大して英語が話せるわけではないが、ジェスチャーとノリで乗り切り、5人くらいと友達になった。アメリカから留学できた人、ドイツから仕事できた人、ミャンマーから寿司を習いにきた人、ブラジルから恋人に会いにきた人、いろんな人がいた。僕は特に、香港からきた留学生と仲良くなった。

 

彼の名はパウエル。香港の大学で政治を学ぶ未来ある学生だった。その日は東京にきた初日で、それまで北海道、新潟、静岡、京都、大阪などなど、日本中を旅していたらしい。同じアジアの血を引くもの同士親近感を覚えた我々はしばらく語り合った。

 

英語の勉強をずっと続けていて、今はペラペラになったこと。日本人の彼女がいること。日本の政治はよくないと感じていること。将来は政治家になりたいこと。来年はアメリカに留学に行くこと。富士山にとても感動したこと。たくさんのことを教えてくれた。

 

なかなか楽しいじゃないか。普段大学に通ってて、英語系のサークルか国際系の学部にいない限り、外国人と友達になれるケースは少ない。特に僕は理系なので、その機会はさらに少ない気がする。こうして短時間でたくさんの国の人たちと語り合えただけでここに来た価値は十分あるだろう。

 

そしてそのあとパウエルと別れ、いつの間にか近くにいた陽気な日本人のお兄さん二人組と仲良くなった。

 

今度の二人は幼馴染だそうで、25歳だった。名前はカケルさんと、マナブさん。カケルさんは社会人だが、マナブさんはまだ大学生ということだった。

 

二人は小学校からの付き合いで、小学生の時は毎日、中学生の時も毎日、高校生の時は学校が別だったけど週一、今はお互い立場は違えど週一であっているという大大大親友だ。今日はクラブに通い詰めているカケルさんが、ナンパしたいけどクラブ慣れしてないマナブさんのために手本を見せるという名目で来たらしい。そうかクラブとはそういう場所なのか。

 

まだ時間も早く女性も少なかったので僕らは3人でお酒を飲みまくり、すっかり気分が悪くなった。僕は今日は朝までいろんなクラブを回ろうと思っていたので、東京のもう1つの聖地、渋谷に向かうことにした。吐きそうになりながらカケルさんとマナブさんに別れを告げ、僕はバスに乗り込んだ。

 

23時

渋谷に到着。クラブがたくさんある道玄坂を目指して歩く。フラッフラになりながらなんとかボディチェックを済ませ入場。六本木の先ほどのクラブとは違い、3フロア構成の大箱だった。だが如何せん気持ちが悪い。吐きそうだ。メインフロアにいくも鳴り響く重低音が胃にガンガン響く。気持ちが悪い。しかもなんだか治安が悪そうだ。いわゆるDQNみたいな男ばっかりだ。

 

ー帰りたい

 

その思いが一瞬頭をよぎった。そうだ今すぐ引き返して電車に乗れ。もう十分収穫はあっただろう。帰ってゆっくり寝て明日に備えよう。

 

だがダメだ。

今日は朝までクラブにいると決めたんだ。一度やると決めたらこの男中島、最後まで貫き通さねばならぬ。そう決意した僕は一人酒を手に人混みの中に突撃し、もみくちゃになった。

 

0時

 

帰りたい

 

でも終電はすでにない。

 

なんてこった...この地獄があと5時間続くのか...

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180106181118j:plain





 

 

周りを見渡しても仲良くなれそうな人が誰もいない。おまけに酒のせいで気持ちが悪く、立ちっぱなしなので足も痛い。これにあと5時間耐えねばならない...なぜあのとき帰らなかったのか...

 

ここはクラブ、孤独なダンスホール。

 

意識が朦朧とする中、周りを見渡す。

 

カウンターから絶え間なく出てくる酒、フロアに充満するタバコの煙、キスし合う男女、因縁をつける男たち...

 

カオスだ。ここにドラッグがあれば、村上龍の「限りなく透明に近いブルー」そのものだっただろう。

 

2時

 

帰りたい。帰りたい。猛烈に帰りたい。帰ってあったかい布団で寝たい。だいぶ昔のCMの

「帰りたーい 帰りたーい あったかハイムが待っている」

が鳴り響くEDMに逆らって脳内再生される。

 

もし魔法が使えるなら指パッチンしたら家に瞬間移動できる能力が欲しい。ハリーポッターで屋敷しもべ妖精が使ってたやつ。もう限界だ。そうだ、どっか漫喫に入って朝まで寝よう。そうしよう。

 

そう決心して荷物を取りにロッカーに行くと誰かに肩を掴まれた。

 

「おお、中島じゃん!覚えてる?」

 

一瞬誰だかわからなかったがすぐに思い出した。なんと彼は六本木であったマナブさんだったのだ。

 

「こんな場所でまた会うとか運命でしょ!お前は俺の相棒だわ!朝までついてこい!」

 

さっきは落ち着いてたマナブさんはすっかり酔っ払っていた。なぜか彼は外国人4人といて、僕は彼らにソフトドリンクを奢ってもらった。マナブさんになんで渋谷に来たのか聞くと、

 

「なんかこいつらが俺らを渋谷に連れてけってうるさいから連れて来たのよ!カケルは彼女の家行くから帰っちゃったし!」

 

とのこと。そのあと二人でフロアを徘徊し続けたがマナブさんは酔っ払ってナンパどころではなく、僕も気持ちが悪いので早々に撤退することになった。

 

3時

 

店を出てすぐマナブさんの提案で別のクラブに行くことになった。色々回ると決めていた僕にとっては都合がいい。明るいところで見るとマナブさんは180cm近い黒縁メガネの好青年で、かなりがっちりした体型だった。15分くらい歩くことになったので、寒空の下他愛もない会話をして和む。どうやらマナブさんはジムに通っているそうで、僕自身もそうだったので筋トレについて盛り上がった。さらに話すと、彼は今25歳で大学4年生だった。三浪したんですか?と聞くと

 

「高校出たけど大学行く気は一ミリもなくてだらだらバイトして過ごしてたんだよねー

でも地元のやつらにバカにされて悔しくなって、生まれて初めてちゃんと勉強して、なんとか大学に入ったの。結構楽しいよ。」

 

そう語るマナブさんは生き生きとしていた。

 

やがて二件目のクラブにつくと、なんとマナブさんは僕に入場料を奢ってくれた。

 

「先輩が奢るのは当たり前だから!」

 

なんてかっこいいんだろう。でも僕らは二件目に行っても全くさっきと同じ状態で、二人とも体調が悪く、隅っこの方で仲良く話しているだけだった。

酔っ払って頭が働いていないマナブさんは途中からずっと僕のことを金田さんと呼び始め、30回くらい訂正しても直らなかった。あとなぜか僕が町田に住んでいると思い込み、「金田さん、町田帰れる?大丈夫?」って50回以上聞いて来た。訂正するのも面倒なので僕は町田に住む金田という設定でマナブさんの面倒を見た。

 

マナブさんの地元は東京の西の方で、かなり荒れた中学だったらしい。僕は中学のとき野球をしていたんだけど、マナブさんも野球部だった。先輩への挨拶のタイミングが少し遅れただけでドライバーが飛んで来たり、突如集められて五万円の集金を命じられたりするルーキーズさながらの中学だったらしい。それにしてもこの人はよく喋る。

 

それにしても本当に体が限界だった。僕らは地獄に必死に耐え、朝が来るのをひたすら待った。

 

4時

結局ナンパを諦めたマナブさんと1時間程度でクラブを出て、マックで始発を待つことにした。渋谷のマクドナルドは入るとこんな感じで、店員さんはパキスタンぽい外国人、客は欧米人と中国人で、日本語が一切聞こえなかった。

f:id:Nakajima_IT_blog:20180106182335j:plain



深夜の渋谷ってこんな感じなのか。マナブさんが「1つ質問いい?ここ日本だよな?」と真顔で聞いて来たのが地味に面白かった。

 

店内が清掃中で入れなかったので、マックは諦めて一蘭に行った。

f:id:Nakajima_IT_blog:20180106182325j:plain



「うー、吐きそう」と言いながら苦しそうに麺をすするマナブさんは一人ポツポツと語り出す。

 

「俺もう社会人になるからさ、最後だからいろんなこと体験して見たいんだよ。そりゃ社会人になれば今より金銭面では豊かになるけどさ、若いうちに体力使う遊びしとかんきゃ損だよ金田さん。俺、なんとか大学に入ることができてさ、それなりに楽しく過ごせて、夢も持てたし、すげー幸せなんだ。今日なんか金田さんのおかげで外人とも仲良くなれたし、行ったことのないクラブ開拓できたし、ほんと楽しかったわ。金田さんこんな僕について来てくれてありがとう。町田についたら連絡してね。」

 

金田でもないし町田にも住んでないけど、なんだかとても嬉しかった。

 

マナブさんの始発の時間になったので、彼を駅まで送り届けた。

f:id:Nakajima_IT_blog:20180106182345j:plain



さっき交換したラインに、また今度行きましょう!とメッセージが入る。

 

もちろんです!また飲みましょう!

 

僕はすぐに返信した。

 

 

さあ帰ろう。もう全身クタクタだ。頭はガンガンするし、足はガッタガタだ。正直オールする必要はなかったな。でも知らない人と、たとえ数十分の友情であっても語り合えたのは貴重な体験だった。こんな日があってもいいだろう。

 

 

人生はチョコレートの箱、開けてみるまで中身は分からない 

 

 

本当にその通りだな。新しいことにチャレンジするって楽しいじゃないか。それに今日仲良くなった人たちはみんな明るかったよな。僕も夢を持って、努力しないとな。

 

気がつくと井の頭線とJRをつなぐ通路に立っていた。見上げると岡本太郎の傑作、

「明日の神話」が僕を見下ろしていた。

f:id:Nakajima_IT_blog:20180106182350j:plain



 

そうだ、俺も神話を作ろう。俺の未来だって希望に溢れている。負けてられねえ。何が”明日”の神話だ。明日やろうは馬鹿野郎だ。神話を作るなら”今日”から行動しなくちゃならねえ。待ってろ世界。今に俺が、お前らをあっと驚かしてやるからな。

 

始発に乗り込み家に帰る。さっさと仮眠とって9時には起きて勉強しよう。1分だって無駄にはしない。俺の神話を、今日から作るんだ。

 

 

 

 

家に帰ってベッドに入り、僕は深い眠りに落ちた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目が覚めると、すっかり夜になっていた。