意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

仮想通貨を始めたので簡単に説明してみた。

 

 

仮想通貨が大きな話題を呼んでいる。

 

ビットコインは当初単価0.5円程度だったが今では200万円近くまで上昇。

あの時コインを買っていた人たちは億り人となり、大きな話題を呼んだ。

 

 

この波に乗り遅れる手はないー

 

 

僕はなけなしの貯金を崩し、仮想通貨に投資をすることにした。

 

1. まずアプリをダウンロード

 

僕は検索最上位に出てきたコインチェックというアプリを使うことにした。まだ本人確認を済ませていないが、この時点で既にチャートを見ることが出来る。

 

 

すごい。

 

ものすごい頻繁にグラフは更新されていく。

 

だがまだ本人確認が済んでないので取引はできない。なので早速登録をした。

 

思いのほか登録は簡単だった。

 

アプリ内で個人情報を入力し、自分の顔と一緒に免許証またはパスポートを写した写真を送るだけ。

 

あとは審査が通るまで2.3日待つだけだ。

 

数日後、通知が届き、審査完了。残った二段階認証を済ませ、さっそく取引に移る。

 

噂に聞いていた通り、1年前まで単価9万円だったビットコインは今では200万円近くまで上がっている。これは凄い。

 

そしてここで分かったのが、仮想通貨はビットコインだけではないということだ。ここにチャートが乗っている仮想通貨は以下の12種類だった。ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼ぶらしい。アルトコインはこれらで全てではなく、400種類以上もあるとのことだ。

 

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180112164940p:plain

 

 

 

2. 実際に購入してみた

 

僕はどれにいくらつぎ込むか決めていなかったが、とりあえず名前を聞いたことのあるNEMに5000円を振り込んだ。

 

入金の方法も簡単。

 

カードの情報を打ち込み、決済を押す。わずか3秒で取引は終了し、総資産のところに買った仮想通貨が表示される。

 

おお、すごい。これで仮想通貨デビューだ。

 

しかしそう思った次の瞬間、つぎ込んだ5000円はあっという間に減っていた。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180112180411j:plain

 

 

どういうことだ。チャートを見ると、数分前より%値下がりしている。まじか。でもまだ焦る必要はない。投資は長期的にするもので今日明日に儲けるためのものじゃない。

 

そこでチャートを比較し、かなり伸びていたAugurを1万円分購入。

 

しかしこれも入金してすぐに9700円くらいになっていた。数分前より数%値下がりしていたからだ。

 

 

だがまだまだこれからだ。

 

気を取り直してチャートとにらめっこし、サイトで情報を集めた。

 

するとどうやらNEMとRippleが将来有望らしいというのが分かった。なので次はRippleに入れることにした。

 

しかしここで悲劇が起こる。この時時間は午前1時前。すっかり投資に夢中になった僕は深夜テンションでおかしくなり、気が大きくなっていた。

 

 

ーおれも億り人になれる。

 

 

なぜかそんな気がしていた。

 

 

そして僕は、自分の財産がいくらあるかも、今が買い時なのかもリサーチせずいきなり10万円をリップルにぶちこんでしまったのだ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180112180527j:plain

 あれ?10万入れたはずだけど少なくない?まあいいか。

 

 

ー見てろ、半年後には大金持ちだ

 

 

すっかり満足して僕はベッドに入った。

 

 

その晩はドバイの砂漠を車で爆走する夢を見た。

 

 

 

しかし翌日、意気揚々とチャートを見るも絶望する。

 

めちゃめちゃ値下がりしていたのだ。

 

 

 

 

 f:id:Nakajima_IT_blog:20180112180618j:plain

 

数日後も値下がりが止まらず、僕のぶち込んだ合計11万5000円は8万1000円になっていた。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180112171442j:plain

 

たった3日で3万円以上減ってしまった。

 

 

 

大学生にとっての11万5000円は高い。バイト2か月分の給料に相当する。しかも貯金はすっからかんになった。明日から河川敷の下で寝るしかない…僕は軽率な行動を後悔した。

 

 

3. 手数料の落とし穴

 

しかも後で気がついたのだが、クレジットカード決済は手数料がべらぼうに取られてしまう。

 

これが入金した直後にお金が減っていた大きな要因だった。

 

調べてみるとクレジットカードの手数料は何%と決まった値があるのではなく、その時のレートと売り注文の量を基に算出されているとのことだった。

 

カードで購入する際は、通常の取引手数料に加え、カード決済システムの利用手数料が発生するということだ。

 

なんてことをしてしまったんだ。

 

当時のレートを覚えているわけではないが、概算で手数料は約7%だと分かった。

 

これは痛い。

 

元を取るためには買った時から7%値上がりしなくてはならない。

 

そこでようやくプラマイゼロだ。

 

10万円買ったら振込手数料は7000円。

 

値上がりして10万7000円になってようやくスタート。

 

銀行振込の場合の負担は手数料のみで、数百円しかかからなかった。

 

なのでみなさんには深夜テンションでえいやっとその場でカード決済するのではなく、翌日銀行に行ってちゃんと振り込むのをオススメしたい。

 

 

4. 数日使ったまとめと今後について

 

 

この時点ですでにかなりの失敗をしてきたが、さっき言ったように、投資は今日明日で儲けるためのものでは無い。実際にその後2、3日売りも買いもせずにチャートを眺めていてわかったのだが、全部の通貨の価格の上下が激しい。10分後には5%値下がりなどざらであり、毎秒更新されるチャートはこれでもかというくらいにアップダウンを繰り返している。

 

 

これも仮想通貨が市場に出て注目されるようになってからまだ間もない証拠だろう。

 

それに僕が買ったRippleは今後大幅な値上がりが期待されているアルトコインの1つだ。数日のアップダウンで一喜一憂するのではなく、じっと待てば上がる可能性が高い。

 

僕は投資に関して完全に初心者なので今後の見通しなどを発表するのは控えるが、とりあえず仮想通貨について勉強してみることにした。ブロックチェーン技術など、エンジニアリング的にも面白そうな分野ではある。

 

そして仮想通貨に手を出す人たちは着実に増えてきている。僕の周りの友人も何人か実際に投資をしている。

 

かつてケネディ大統領の父親で投資で財を成したジョセフ・P・ケネディは、靴磨きの少年に儲かりそうな株の銘柄の話をされ、すぐに所有する全銘柄を手仕舞った。その後すぐに株が大暴落し、世界恐慌が始まる。ジョセフ・P・ケネディは、株ともっとも疎遠であるはずの一般大衆が相場の話をしていることに市場の限界を感じ、株の大暴落を予見したのだ。彼は結局無傷で大混乱をやり過ごしたのだった。

 

 

このことが仮想通貨に当てはまるかどうかはまだ誰もわからないが、とりあえずどんなものか様子を伺ってみたい。

 

 

また何かあればこちらでみなさんと共有したいと思います。