意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

筋トレガチ勢の僕が継続させるコツを書いた【③モチベーションを高めるアイテム編】

 

前回、前々回と筋トレについて書いてきました。

 

www.nakajima-it.com

 

www.nakajima-it.com

 

これまで書いたことを実践すれば、毎日の生活の一部に筋トレが組み込まれ、劇的に体が変化するはずです。ですが人間、モチベーションをいつまでも保つことはできません。今回は実際に僕が使っているモチベーションが上がるアイテムを紹介していこうと思います。

 

 

⑴プロテインを買おう

 

プロテインは筋トレに必須と言っても過言ではありません。効率よく筋肉をつけるためには、プロテインを飲んで、良質なタンパク質を摂取する必要があります。また、プロテインを買うことで、俺は筋トレをガチでしてるし、これを飲むためにジムに行かなければならないという使命感が生まれます。(少なくとも僕はそうでした。)

プロテインは自分で栄養素をみて、好きなものを買うのがいいと思います。僕ははじめたばかりの頃は、こちらの格安のプロテインを飲んでいました。

 

ホエイプロテイン 3kg 無添加 ナチュラル 

ホエイプロテイン 3kg 無添加 ナチュラル 

 

 

 

3kgで6000円しないので、かなり安いです。タンパク質も豊富で問題ないでしょう。ただ余計なものは一切入っていないので、そのまま水に溶かして飲むと、味的にきついかもしれません。そんな時は牛乳に溶かして飲みましょう。

 

 

続いて僕が購入したのは、こちらのマイプロテインです。

f:id:Nakajima_IT_blog:20180131205658p:plain

www.myprotein.jp

 

体重を増やしたいのでウェイトゲイナーというものを飲んでいます。

そしてこのマイプロテインがすごいのは、年がら年中セールをしていることです。というかずっとセールしています。閉店セール詐欺かってくらいずっとです。にわかには信じられませんが35%オフ、さらには65%オフのセールをほとんど一年中開催しておりますので、ぜひセールの時に書いましょう。

 

 

ちなみに僕の飲んでるウェイトゲイナーチョコレートスムーズ味は、めちゃめちゃうまいです。プロテインとは思えないくらい甘く、チョコの味がします。飲んだことのある人ならわかると思いますが、プロテインって基本まずいんです。僕が高校時代飲んでたものは、魚の味がしました。毎日息止めて一気に流し込んでたくらいまずかったです。ですがマイプロテインは、そんな僕の常識をぶっ飛ばしてくれました。水に溶かしても十分美味しく、牛乳に溶かせばスタバで出してるんじゃないかってくらい美味しいです。実際にダイエットしている人の中には、これを間食にしている人もいるそうです。

 

そんなマイプロテインなのですが、セールは突発的にやってきます。どうしても見逃したくないっ。という方は、LINEの友達追加から小川健太さんのLINE@を友達追加してみてください。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180201215720j:plain

 

マイプロテインのセール情報をいち早くお届けしてくれます。また、普段何を食べればいいか、とか、どういうメニューをこなしたらいいか、などなど、質問を送るととても丁寧にお答えしてくれます。

 

 

 

(2)記録アプリを使おう

 

日々の記録を残すために、アプリを使うのもとてもオススメです。

まず初心者にオススメなのが、こちらのRecStyleです。

 

RecStyle -ダイエット・体重管理-

RecStyle -ダイエット・体重管理-

  • MEDIANO Co.,Ltd.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

 

 体重や体脂肪率を簡単に記録でき、折れ線グラフで推移を可視化することができます。

(下の図はダイエットをしている女性の方の記録です。)

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180130222012p:plain

 

RecStyleで物足りなくなった方は、ぜひMyFitnessPalを使いましょう。こちらは先ほど紹介した小川さんにオススメしていただいたアプリで、あのスポーツメーカーのUnder Armourが開発元です。

 

 

MyFitnessPal

MyFitnessPal

  • MyFitnessPal.com
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

このアプリのすごいところは、完全無料でカロリー計算、トレーニング記録、体重、体脂肪率の記録、歩数計測、栄養バランスの評価をしてくれるところです。はっきり言ってなんでこれが無料で使えるのかわからないってくらい万能です。

 

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180130223152j:plain

 

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180130223214j:plain

f:id:Nakajima_IT_blog:20180130223236j:plain

こんな感じで色々なデータを保存しておくことができます。

 

 

(3)SNSを有効活用しよう。

 

現代はインターネットの時代です。誰でもツイッターやYouTubeを開けば世界中の人と繋がることができます。筋トレについてももちろん同じことが言えて、筋トレアカウントなるものが数多存在、YouTubeでは筋トレを専門とするYouTuberが活躍し、誰でも正しいフォームを学習できるようになりました。実際、僕もTwitterやinstagram、Slackを使っていろんなコミュニティの方に刺激をもらっています。やっぱり他の人が筋トレをしているのを見ると、俄然やる気が出ます。

 

 

 

I. TwitterでTestosteroneさんをフォローしよう

 

筋トレ界のカリスマとして有名なのがこちらのTestosteroneさんです。

twitter.com

 

 

やる気がなくなった時は彼のアカウントを覗きましょう。なんだかよくわからないけど筋トレしとけばいいんだなって気持ちになれます。

 

ちなみにTestosteroneさんは本を何冊か出版しています。皆さんも書店でみたことがあるはずです。

 

 

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 

こちらの本には、彼の筋トレに対する熱い想いやトレーニングの進め方、食事についてまで幅広く書いてあります。この他にも何冊か本を出せれていますが、個人的な意見として買うのはこの一冊で十分かと思います。というのも正直な話、どの本にも書いてあることが同じだからです。トレーニングの仕方というより、彼の哲学に重きが置かれていますので、どうしても書いてることが同じになっちゃうんですよね。日頃の感謝を込めて一冊買って、残りは蔦屋書店でキャラメルフラペチーノ飲みながら読むくらいでいいかなと思います。

 

II. Instagramで#workoutをフォローしよう

 

昨年12月にInstagramに新機能が追加され、ハッシュタグ(#)のフォローができるようになりました。この機能を使って、#workout のタグをフォローすると、世界中の人が筋トレする様子をストーリーで見ることができます。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180131095352j:plain

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180131095407j:plain

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180131095420j:plain

 

日本にいながら世界中の筋トレ愛好家がトレーニングしている様子を見られるのでモチベが上がります。同様に#筋トレとかフォローすると、日本人のストーリーが見られるので、ぜひ試して見てください。

 

III. Slackで筋トレサロンに入ろう

 

Slackは最近人気が出始めたコミュニケーションツールです。オフィスでの連絡のやりとりなどに使われ、今回紹介するようなサロンの運営にとても便利で、新たなコミュニティが続々と生まれています。

 

今回紹介するのは、こちらのゴッホさんが設立した筋トレサロンです。

 

 2018年サロン設立から3週間の1月末時点で、360人以上もの方が参加し、今日のトレーニングの記録や、食事について近況を報告しあっています。上のツイートのリプ欄に入るためのリンクが記載されていますので、そこから申し込むか、ゴッホさんにDMを送りましょう。

 

まだSlackを使ったことのない人のために簡単に説明すると、1つのグループ内に様々なチャンネルが用意されていて、いろんなコミュニティが存在しているといった感じです。この筋トレサロンには、まず全員が入る#generalというチャンネルがあり、他に#トレーニングの記録や#自撮り#食事といったチャンネルが用意され、各々好きなチャンネルに参加することができるといった感じです。

 

LINEのグループチャットのなかにさらにグループがあるというと分かりやすいでしょうか。

f:id:Nakajima_IT_blog:20180131103953j:plain

 

こんな感じで使っています。

 

ちなみにゴッホさんの筋トレサロンは、コミュニティの価値を売買するfeverというアプリにエントリーしています。投票上位5位までが上場し、コミュニティ運営に必要な資金を調達できるようになりますので、ぜひ投票して見てください。

 

 

このfeverはなかなか面白く、あるコミュニティにお金を支援すると、お礼としてコミュニティコインがもらえます。そのコインは市場の需要と供給によって価値が変わり、売却もできます。つまり新たな経済圏が生まれるということです。

 

筋トレの話から逸れますが、今話題のお金2.0という本に書かれているように、これからの時代、僕たちは自分にあった新しい経済圏の中で独自の通貨を使って生きるようになるのかもしれません。 

 

以上のようにSNSを上手に使うことでモチベーションをさらに高めることができます。

ちなみに以前紹介したマッスル北村さんのエピソードを読むとめちゃめちゃやる気が出るのでオススメです。限界に挑戦するという彼の姿勢は僕の模範であり、彼の写真をスマホの壁紙にするくらい尊敬しています。

 

www.nakajima-it.com

 

 

自分にあったモチベーションの上げ方を見つけ、筋トレを継続させていきましょう。