意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

行方不明2歳男児をわずか20分で救出したボランティアの尾畠春夫さんがかっこよすぎる

 

 

山口市周防で8月12日午前10時半頃から行方不明になっていて2歳の男の子が、15日の午前6時半頃、ボランティアで捜索活動に参加していた尾畠春夫さんによって無事発見されました。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180816220642p:plain

 

発見当初は「行方不明男児、成人男性と一緒に発見」など誤解を招きかねない報道がされましたが、男児を発見したボランティアの尾畠春夫さんは本当に素晴らしい方で、尾畠さんのこれまでの活動を僭越ながらネットで調べさせていただきました。

 

尾畠さんは大分在住の78歳。

鮮魚店を営む傍ら、登山を40歳の頃にはじめ、 58歳で北アルプスを単独縦走。その頃から登山道整備のボランティアをされていました。

 

その後66歳で鮮魚店を引退。日本列島を徒歩で縦断する旅に出ました。毎日、朝と夕方に聞くお孫さんとの電話を励みに無事ゴール。

 

そして2011年の東日本大震災の際には南三陸町でのボランティアに参加。大分と南三陸町を車で往復しながら500日間支援にあたったそうです。

 

 

 

その後も熊本地震を始め多くのボランティアに参加。「師匠」と慕われる存在で、未曾有の災害に戸惑う職員や、何をすべきか分からないボランティアの方々の指揮を率先して取りご活躍されました。

 

<参考文献>

www.huffingtonpost.jp

 

 

こんな方が本当にいるのか。というのが正直な感想です。尾畠さんの考え方や行動に深く感銘を受けました。

 

 

以下、尾畠さんに関するツイートを一部紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 僕自身ボランティアに参加したことはなく、尾畠さんの考え、行動には脱帽することしかできません。

 

同じ人間としてここまでボランティアの精神を貫く尾畠さんの姿勢に感銘を受けました。

 

今回はどうしても皆さんとその感動を共有したく、このような形の記事をまとめました。

 

男の子が無事発見されたことに対する喜びと、尾畠さんはじめ救助にあたられた警察、ボランティアの方への敬意を表し、結びとさせていただきます。