意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

即レスは世界を救う

 

 

 

みなさんは返信が早すぎてキモがられたことは無いだろうか。

 

僕  は  あ  る  。

 

僕が常に意識していることのひとつに「即レス」がある。

 

届いたメッセージには光の速さで返信する。これが僕のモットーだ。


あまりの早さゆえ「ずっとスマホの前に張り付いるの?キモ。」と言われたこともあるが、それでも僕が即レスを続けているのは即レスのおかげでめちゃめちゃ得をしているからだ。

 

間違いなく即レスは世界を救う。

 

質問箱にも返信する早さについての質問が多く寄せられているが、僕の答えは「早ければ早い方が良い」だ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180910184630j:plain

 

 

今回は素早い返信がもたらす素晴らしいメリットについて解説していこう。

 

 

 

1. 返信を遅らせていいことは何一つとしてない


まだバイトをしていた頃、そこの経営に関わらせてもらうことになり、会社の偉い人と頻繁に連絡を取ることがが多くなった。(と言っても大した内容ではないけど)

 

主にLINEでやり取りをしていたのだが、僕の平均返信タイムは5分以内だったと思う。

 

「これについてだけど今後どうしたいか意見聞かせて」「土曜日の15時に赤坂でミーティングするんだけど来れる?」

 

こういった質問に対し、気がついたら必ずその場で返信していた。

 

これは僕の経験的に早く答えが欲しいのに待たされる状況は非常にイライラすることを分かっていたからだ。

 

 

 

一時期所属しているサークルの企画を任されたとき、ひとりひとりにその企画に参加できるかLINEして聞いて回ったのだが、まあ返信の遅いこと遅いこと。

 

1日経っても既読すらつかないのはざらで、期限になっても何も来ないのが3割くらい。あとは催促しても既読すらつかなかった。

 

返信を待つ間僕はむちゃむちゃイラついてた。こっちは早く出欠を取って人数を確定させなくちゃならないのにいつまでたっても決まらない。そう、返信が遅いことは悪なのだ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180927141952p:plain

 

みなさんも好きな子からいつまでたっても返信が来なくてソワソワした経験があるだろう。それと同じである。

 

以来僕は自分に来るメッセージに対しなるべく早く返信をすることを心がけた。結果として未読がたまるようなことはなくなり、膨れ上がった通知の数を見てげんなりすることもなくなった。常にクリアな気持ちでスマホを開くことが出来る。

 

そしてそんなある日、先程話したバイト先の上司からこんなことを言われたのだった。

 

 


2. あらゆることは「早い者勝ち」


「ヒロシくんは返信早くていいねえ。絶対出世するよ。」

 

僕としては遅いより早い方が絶対にいいから光の速さで返信していただけなのだが、即レスは出世に大切な要素らしい。

 

「結局あらゆることが”早い者勝ち”だから返事は早い方が早い方が良いんだよね」

 

なるほど。この世のあらゆることは「早い者勝ち」なのか。確かに起業だとか何かを始めるとき、一番利益を得られるのは第一人者だ。先行者利益という言葉があるように、一番最初にはじめた人がもっとも利益を得られる。


例えば最近流行りのフリマアプリ界隈はメルカリの一人勝ちだ。後続のラクマはつい最近まで手数料無料で、ついこの間手数料が3%になったがそれでも10%のメルカリよりはるかに低いにもかかわらずメルカリの足元にも及ばない。

 

 

なぜ手数料が高いのにメルカリはトップを独走しているのか。

それはメルカリがフリマアプリ業界の第一人者だったからだ。

スタートダッシュに成功し多くのユーザーを獲得したメルカリは手数料10%という高すぎる設定を課しても数の力で人気を博し、他の追随を許さない。メルカリユーザーの中にはラクマの存在すら知らない人も多いだろう。

とにかく何かをやるときは早ければ早い方が良いのだ。

 

「◯◯に参加したい人〜?」と聞かれてモジモジしていたらあっという間に枠はなくなりチャンスを逃してしまう。何かチャンスが訪れたら即座に反応しどりゃあっと飛び込むことで得することが多い。

 

 

 

とにかくレスを早くし、相手の信頼を獲得しチャンスがあればすぐに飛び込む。この世は早い者勝ちなのだ。反射的にレスをしてチャンスをつかもう。

 

実際に僕があってきた一流の経営者やビジネスマンのレスはありえないくらい早い。Googleの方も外銀マンもスケジュールを調整するとき、メッセージを送ったと思ったらすぐに帰ってきた。このことからもレスが早いのは成功の条件の一つといえよう。

 

 

www.nakajima-it.com

 

www.nakajima-it.com

 

 

3. レスを早くするために

最後にレスを早くするにはどうしたら良いのかについて紹介しよう。

そもそも僕は五分に一回はスマホを開くので自然とメッセージにすぐ気がつくためレスが早い。

 

これはしょうもないSNSばかり見てるスマホ中毒なのではなく(たまにその時もあるが)、必要なあらゆるものをスマホに集約しているからだ。

 

LINE、メールはもちろんのこと、読書や音楽、買い物、個人的にやってる商売まで全部スマホで完結させている。そのためスマホを開く頻度が高いのだ。

 

全部スマホに集約しろとは言わないが、本や音楽をスマホで楽しめるようにするだけで荷物も減りグッと楽になる。

 

 

また、パソコンにLINEを入れるのもおすすめだ。

僕は基本的にブログはパソコンで書くようにしているのだが、LINEも入れているため連絡が来ると通知が来てすぐに対応できる。パソコンでの作業に没頭してメッセージを見逃してしまいがちな人は入れてみるのも良いだろう。

 

 

LINEやメールの通知に邪魔されたくない!というのも、もっともな意見だ。僕も一切のスマホやタブレット、パソコンの電源を切って自分の時間を楽しむこともある。ただいつまでもそうしているわけにはいかず、メッセージに返信し連絡をしなくてはならない。

 

そして返信が早いことは良いことしかもたらさない。即レスは世界を救うのだ。いつまでも放置する人よりチャンスが訪れるのは言うまでもないだろう。

 

皆さんも即レスを心がけてみてはいかがだろうか。

 

peing.net

 

 
 

 

<ライフハックに関連する記事>

www.nakajima-it.com

 

www.nakajima-it.com

 

www.nakajima-it.com

 

www.nakajima-it.com

 

www.nakajima-it.com

 

www.nakajima-it.com