意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

続けることって難しい

 

 

僕には好きなブログがいくつかある。そのひとつがザックバウアーの捜査記録だ。

 

zackbauer.hatenablog.jp

 

去年の暮れから今年の夏まで、僕は24にどハマりした。朝昼晩、三度の飯を食うように24を観た。24を中心に生活していたと言っても過言ではない。周りの友達には何を今更10年以上昔のドラマにハマってんだアホらしいと言われたが、僕には24が全てだった。

 

ジャック・バウアーは最高にかっこいい。この24の魅力を誰かに伝えたい。そう思い全8シーズンを見終えた僕はそのありあまる情熱を記事にぶつけたのだが、当然ながらその思いはフォロワー、読者の皆様には届かなかった。それもそのはず。誰も24なんて興味ないからだ。

 

www.nakajima-it.com

 

 

あんなに面白いのに。ちきしょー。どうせテラスハウスでも観てるんだろう。そんな奴らはtiktokでもやって飯食ってクソして寝てろ。ちきしょー。

 

少々語気が荒くなったが、僕の24への愛情はそれほど深い。そんななか、僕の24の記事にコメントしてくれた方がいた。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181121113845p:plain

 

この2018年において、記憶の彼方に忘れ去られたあの男の口調を真似する彼こそが、僕の愛するザックバウアーさんだった。

 

 

 

彼のブログを覗いて見て驚いた。かなりの頻度で更新されており、最近の面白いニュースをジャック・バウアーとその相方、クロエで解説し謎を解き明かしていくスタイルだった。

 

zackbauer.hatenablog.jp

 

そしてなによりネタが細かい。僕のように寝る間も惜しんで見ていた人にしか分からないような小ネタが散りばめれている。

 

そしてこれは24全盛期の2000年代前半に書かれたものでは無い。今年の7月というごく最近に書き始められたものである。つまり彼は、24なんてみんな忘れたこの2018年においてジャック・バウアーになりきりブログを書いていたのである。誰も元ネタ分からないのに。

 

僕は感動した。

 

ここに仲間がいる。24を愛する人間が、2018年にも生きているんだ。彼へのエールをこめて僕ははてなスターを送り、ブックマークをし、彼のたった1人の読者になった。。

 

何よりもすごいのは高頻度でブログを更新している事だった。ちなみに読者は僕を除いては誰もいない。たまたま誰かがツイッターやGoogle検索経由で見ることはあっても、なかなかPVは伸びなかったはずだ。しかし彼は、地道に記事を更新していた。

 

誰も24を、ジャック・バウアーを、そしてクロエを知らない世界で。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181121115717p:plain

 

僕は彼を心から応援した。誰も知らなくても、続けていればいつか成果は出る。そう、何かで成功するには続けることが1番大切なんだ。事実僕のこのブログも、Twitterのフォロワーさんに助けられそこそこ初めからPVはあったが、なかなか初めは伸び悩んだ。

 

リアルの友達にバレ、何キモいことかいてんだと煽られたこともあった。よく分からないパチスロブロガーさんが毎回コメントをくれ、僕のブログはこのパチスロブロガーさんにしか求められていないのかと複雑な気持ちになったこともあった。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181121114533p:plain

 

 

 

だが決しては筆を止めることはなかった。バカにされようがつまらんとコメントが飛ぼうがどうでもいい。

 

んなもんはじめてなんだから仕方がない。革製のカバンが長年使われていくうちに渋い輝きを増すように、鍾乳洞が長い年月を経て立派に大きくなっていくように、ブログも時間を経て、少しずつ成長していくのだ。

 

確実に、少しずつ。


そして成果はある日突然やってくる。僕もそうだった。

 

ただその光は、続けた者の足元にしか差し込まない。途中で歩みを止めた者は、その光を目にすることなく振り出しに戻る。

 

暗闇の中を歩くのは怖い。出口はあるのか。この方向であっているのか。誰教えてくれない。自分でも分からない。

 

ただそれでも進むしかないんだ。成功は、続けたものにしか訪れない。

 

HIKAKINさんが週に1本時間をかけて動画をあげるより、毎日アップすることが大切と言っていたように、下手くそでもいい、とにかく続けて数をこなすことが大切なんだ。

 


しかし残念なことに、あのザックバウアーの捜査記録の更新が先月から止まった。

24のドラマの通り、24回で1シーズンという徹底した作り込みだった彼の捜査日記は、シーズン2の途中で止まってしまった。

 

でも僕は信じている。


きっと彼は、不滅の男ジャック・バウアーならぬザック・バウアーは、またいつか姿を現してくれると。

 

そしていつか、このくたびれた2018年、そして2019年、2020年に、再び燃える男、ジャック・バウアー旋風を巻き起こしてくれると、僕は信じているんだ。

 

 

続けることって難しい。

 

 

でも続けないと絶対成功できない。

 

僕はまだまだ成功したとは思っていない。上には上がいる。もっといいものを書いて、もっと楽しいことを探して、さらに高みを目指したい。

 

そして続けるということを大切にし、僕の思う成功に近づいていこうと思う。

 

ちなみに僕の愛する24はAmazon Primeで全て観ることができます。学生は特にお得で月200円で利用できます。年末年始の暇な時間にぜひ観てください。その結果僕は年末年始どころか6月までずっと観続けました。本当に面白いのでぜひ↓↓↓

 

 

 

あとぜひこちらから読者登録もよろしくお願いします。たくさん読者の方が増えるとやる気いっぱいになれます。頼む!