彼女いない歴=年齢の人に彼女ができる確率はものすごく低い

 

 

 カツオ君は海山商事で働く新卒2年目のサラリーマン。

 

 一浪して第1志望の大学に入り、そのまま普通に進級し、見事第1志望の企業に採用されました。優しい上司や励まし合える同期に囲まれ、幸せな社会人生活を送っていたカツオくん。しかしそんな彼にも悩みがありました。

 カツオ君は生まれてこの方、彼女がいたことがありませんでした。

 

 つまり彼女いない歴=年齢。

 

 中学時代一度だけ好きな女の子に告白しましたがフラれてしまい、それがトラウマで好きな子が出来てもアプローチできず、ついぞ彼女ができることなく社会人になりました。

 そんな悩みを抱えていたある日、久しぶりにサークルのOB会がありカツオ君も参加しました。カツオ君が所属していたのは国際系のサークルで、一緒にボランティアに行ったかつての仲間と久々にお酒を飲み、思い出話に花を咲かせました。

話疲れてお手洗いに向かった時、ふと声をかけてきた女の子がいました。

 

「磯野君じゃない!久しぶり!」

 

グレーのワンピースを着たスラットした彼女。髪型はストレートボブ。大学の頃は明るいハイトーンに染めていた髪はすっかり落ち着いたブラウンに変わり、いかにもOL風な雰囲気を出ていました。カツオ君が密かに憧れていた、同期の早川さんでした。

 

 「おお、早川!久しぶり!」

 

久々の再会に声が上ずってしまったカツオ君。だいぶお酒が回っているようで、昔なら緊張で話すらままなりませんでしたが快活に話し始めました。

 

「いや〜早川もすっかりOLになったな〜 昔はいかにも女子大生って感じだったのに〜」

 

「もう2年目だからね。磯野君もちゃんと髪セットしてるし笑 昔は寝癖つけたまま授業受けてたのに笑」

 

彼女がいないカツオ君でしたが寝癖を直すくらいのマナーは身につけていました。なんやかんやで話は盛り上がり一次会終了。早川さんは次の日朝早くに予定があり帰宅するということで一緒にいたカツオ君が駅まで送って行きました。

 

「今日はありがとう!久々に話せて楽しかったよ!」

「私もよ磯野君。今度は二次会も行くから!」

「絶対な!てかさ、もしよかったら今度二人で飲みに行かない?」

 

そう口走って顔が真っ赤になったカツオ君。お酒に酔ってたとはいえ奥手な自分がまさかこんなことを言うとはと自分でもびっくり。

 

「いいよ!もちろん!あとでLINEするね!じゃ!」

 

そう言うと早川さんは走ってホームへ降りて行きました。

カツオ君も走り出しました。

 

ーうおおおおおお!!!あの早川と!!!サシ飲み!!!

 

異性と二人で会うなんて何年振りだろう!しかも憧れの早川と!

ウキウキで二次会に向かったカツオ君。誰にもバレないように澄ました顔でカラオケへ。こっそり早川さんとLINEをします。

 

「今日はありがとう!来週の土曜日とかどう???」

 

カツオ君も彼女ができたことは無いものの、ネットや友人から数多のアドバイスをもらい、約束を取り付けるの早い方がいいと言うことを知っていたためすぐに予定を聞きました。

 

「うん大丈夫!昼間予定あって夕方からになるけどいい?」

「おけ!じゃあ17時にハチ公ね!」

 

たんたんと日程と場所まで決まり有頂天のカツオ君。もう来週が待ち遠しくて仕方ありません。その日はドキドキしてあまり寝付けませんでした。

 

そしてついに約束の日がやって来ました。果たしてカツオ君は早川さんと楽しいひと時を過ごせるのでしょうか???

 

Twitterでは爆速で役立つ情報発信をしてます