意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

Tinderをフル活用した外国語勉強法

 

 

<目次>

 

 

Tinderというマッチングアプリをみなさんご存知だろうか。

暇な女子大生という高学歴をTinderで見つけ食いまくっていたアカウントのおかげでTinderはかなり有名になり、そういう目的で使うんだというイメージを持っている人も多いかもしれない。

僕はTinderユーザーだ。そりゃもちろん可愛い子とマッチしたら嬉しいし話が弾めば遊びに行くこともある。しかしそれ以上にこのアプリは使い方次第で外国語の勉強に半端なく役に立つんだ。今日はそんなTinderを使った勉強法、さらにTinderを使った国際交流法を紹介しよう。

 

 

1. 月額700円で世界中旅できる

Tinderには有料プランがあり、Tinder PlusTinder Goldがある。

両者の違いはGoldは自分をLikeした人を確認でき、すぐにマッチすることができる。僕はGoldに課金して半年5900円、月1000円もしないで楽しめているが、自分をLikeしてくれた人は優先的に表示されるのでPlusでも十分だ。

 

 

Plusは半年で4200円。

つまり月額700円Tinderの最強の機能を使いこなせるってわけだ。(ちなみにこれはiPhoneの料金でAndroidの方がちょっとだけ安いらしい。)

 

ではその最強の機能とは何か。それは位置情報を自在に操れるという機能だ。

 

これを使うことで世界中のどこにでも一瞬で移動することができる。僕も6月にマレーシアの クアラルンプール一人旅に行った際には事前に位置をクアラルンプールに設定し、現地の人とマッチして見所をリサーチしておいた。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180803174309j:plain

 

みんな本当に親切で、色々なことを教えてくれてとても参考になった。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180803174441j:plain

 

オススメの料理ならこのアカウントを見て!と教えてもらったインスタは美味しそうな料理がたくさん投稿されていて、実際にここで紹介されているお店に行ったりもした。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180803174504j:plain

 

そのまま仲良くなってインスタを交換し、現地の人がどんな暮らしをしているのかもストーリーで垣間見ることができ興味深かった。残念ながら日程が合わず現地で会うことはできなかったが、月額700円で世界を飛びまわり、ネットや本では得られない生の情報を得ることができた。

 

 

これだけでもTinderの素晴らしさがわかると思う。すでに英語で会話しているしそれだけでも勉強になる。おまけに旅先の情報までゲットできてるわけだ。しかしTinderの実力はまだまだこんなもんじゃない。

 

<参考記事>

www.nakajima-it.com

 

 

 

2. 100人のネイティブとリアルな会話を楽しめる

僕はいま大学でスペイン語の授業を取っていて、先日学期末試験があった。ろくに授業を聞いておらず、かなりピンチだったがそんな僕を助けてくれたのがTinderだった。

 

僕はとにかくスペイン語話者と会話しまくるのが大事だと考え、メキシコの首都メキシコシティに飛んだ。(先生がメキシコ人だったのでそこにしてみた。) 

 

ここまで読むと、「いや俺イケメンじゃねえしマッチしねえよ。」「こんな平たい顔の日本人、外国人に見向きもされねえよ。」と思うひとがいるかもしれないが心配ご無用。

 

めちゃめちゃマッチする。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180803182646j:plain

 

 

これは僕がメキシコに飛んでから2時間後の結果だ。めちゃめちゃマッチした。早速スペイン語で会話することができ、教科書を読みながらやり取りをした。

(スペルとか文法がめちゃめちゃなのは大目に見てほしい)

 

課金すると無限にスワイプできるので、教科書を読みながらひたすら右スワイプしまくった。おかげで腱鞘炎になりかけたが、それと引き換えに100人を超えるネイティブスピーカーと友達になることができた。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180803183350j:plain

 

 

メキシコで日本人が出てくること自体珍しく、それだけで右スワイプしてくれる人が多かった。TInderには自分と相手の距離が表示されるのだが、メキシコと日本では1万キロ離れているので「なんであなたこんな遠くにいるのにマッチしたの???」なんてよく聞かれた。事情を説明し、スペイン語で簡単な会話がしたいと伝えると快くOKしてくれた。

 

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180803184913j:plain

 

 

メキシコの人はほとんどの人が英語も話せるのでとても助かった。何が間違っているのかを英語で指摘してもらい、どんどん練習を積んだ。

 

スペイン語には「知る」という意味の"conocer" "saber"という二つの単語があり、日本人にはそのニュアンスの違いが分かりにくい。それについても丁寧に教えてくれて大いに助けてもらった。みんな本当にありがとう。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180803185427j:plain

 

さらに本当にダメ元で試験の過去問を解いたから採点してほしいと送ったらみんな丁寧に見てくれた。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180803185625j:plain

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20180803185711j:plain

 

感謝しても仕切れない。

 

おかげでテストは大勝利。一週間ずーっと100人を超えるネイティブスピーカーと会話し続けたんだからできないわけがない。マッチしたみんな本当に本当にGracias!!!

 

 

 

3. Tinderから広がる国境を超えた繋がり

ちなみにメキシコは日本と時差がマイナス14時間あり、こっちの昼間が向こうの真夜中だったりするので、時差に関係なく話すためにスペインにも飛び、マッチした相手とトークし続けた。

 

他にも同じスペイン語圏のコロンビアコスタリカチリにすっ飛んでいろんな人と話した。やっぱり国によって暮らしは全然違うし、いろんな文化を教えてもらいとても楽しい。逆に日本についても話したりして、スペイン語じゃまだ伝えきれないときは英語で必死に説明した。相当場数を踏んだのでスペイン語、英語もどちらも鍛えることができた。

 

もし日本に来たらぜひ教えてくれ。全力で案内するよと彼女たちに伝え、そのままインスタやFacebookを交換し今でもやりとりしている。

 

また純粋に英語を鍛えるためにアメリカや東南アジアの英語話者が多い国に飛び、英語でやりとりしたりもしている。中には仲良くなってLINEやカカオを交換した相手もいて、実際に通話したりもしている。リアル英会話だ。

 

この前はベトナムの海沿いに住む女の子とビデオ通話して、綺麗なビーチを眺め、打ち寄せる波の音を聴きながら話した。

 

他にも韓国のやたら食いつきがいいババアと電話したらすっぴんで寝起きのババアがハイテンションで「アニョハセヨ!!!」なんて話してきておったまげたこともあったがそのあとは英語で会話して楽しめた。

 

もう完全に日本にいながら海外旅行できちゃっている。

 

さらに会話にとどまらず、今度日本に旅行に来る人と仲良くなり実際に会って東京を案内する約束もできたりしている。さっきのアニョハセヨ!!!すっぴんおばさんも9月にスペイン人の友達と東京観光に来るらしく、僕にガイドを頼みたいということで電話をかけてきた。他にも上海の大学生や、フランスから観光に来るDJをガイドする約束ができた。もう今から楽しみで仕方がない。みんなありがとう。最高のTOKYOをみんなに紹介するよ。待ってるぜ。

 

 

 

 

 

何度も言うがこれを月額700円で楽しめるんだ。半端なくお得だ。みんな今すぐインストールしよう。

 

日本でデートする相手を探してもよし、いろんな国に飛んで外国語を教えてくれる相手を見つけるのもよし、旅先でガイドしてくれたり一緒に遊んでくれる相手を探すのもよし。

 

世界中どこにだって一瞬で行くことができる。世界はもう君のものだ。

 

さあTinderをフル活用して世界旅行に出かけよう。

 

 

 <参考記事>

www.nakajima-it.com

www.nakajima-it.com

www.nakajima-it.com

www.nakajima-it.com