意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

映画「パーフェクトワールド」を観ておいおい泣いた

 

 

1963年秋、アメリカテキサス州。刑務所から脱獄したテリーとブッチは、逃走中に民家に押し入り、八歳の少年フィリップを誘拐し人質にとった。


そんなアメリカらしい脱獄犯を描いた映画が「パーフェクトワールド」だ。


巨匠クリント・イーストウッドが監督を務め、警察役としても出演している。

 

 

 この映画は、渋く悲しい。

 

脱獄囚かつ誘拐犯であるブッチだが、根っからの悪党というわけではない。
暴力を振るう父親の下で育ったブッチは人一倍子供に優しい人間であった。

 

 

そして誘拐したフィリップと共に過ごしていくうちに、ブッチには父親のような感情が芽生えていく。


エホバの証人の信者である母の影響で、ハロウィンを始めイベントに参加できないフィリップに、ブッチは逃走中、やりたいことをやらせた。

 

 

 

フィリップも最初はブッチを恐れていたものの次第に打ち解け、この逃走劇を、そしてブッチと過ごす時間を楽しむようになる。

 

 

しかしながら誘拐された少年と、脱獄囚の楽しい日々が永久に続くはずがない。迫り来る警察。はたしてブッチは逃げ切ることができるのか。そしてフィリップは、無事家に帰ることができるのか。

 

しかし一方でフィリップにとって、家に帰ることは本当に幸せなのだろうか。

 

誘拐犯とのいつか必ず終わりを迎える自由な日々を楽しむ描写がとても切ない。


パーフェクトワールドはそんなもの寂しいアメリカの荒野を舞台に、少年と大人が奇妙な友情を結び生きる様を描いた名作だった。

 

 

ラストではもう涙が止まらなかった。


かなり昔の映画だが、名作は色褪せることなくいつの時代も楽しむことができる。

フィリップとブッチが過ごした完璧な世界”パーフェクトワールド ”をあなたもぜひ覗いてみてほしい。

 

ちなみにこの映画も Amazon プライムで無料で見ることができるので、是非利用してみてください。