CATEGORY

勉強

  • 2018年8月3日

Tinderをフル活用した外国語勉強法

  Tinderというマッチングアプリをみなさんご存知だろうか。 暇な女子大生という高学歴をTinderで見つけ食いまくっていたアカウントのおかげでTinderはかなり有名になり、そういう目的で使うんだというイメージを持っている人も多いかもしれない。 […]

  • 2018年7月19日
  • 2019年9月19日

大学受験のとき偏差値70をキープしていた僕の英語勉強法

僕は大学受験の時、英語だけはよくできた。大学受験の時も駿◯台全国模試の英語の偏差値は70をキープしていたし、受験本番も英語だけはかなり良くできた。   今回英語の勉強法の記事を書くに至ったのは、以前僕が受験で数学0点をとった話を書いた時に、質問箱に他 […]

  • 2018年5月21日
  • 2019年10月17日

入試で数学0点取った僕からすれば受験数学にセンスは必要ない

  僕は現役の時の大学受験で数学0点をとって落ちた。   不合格通知から数日後、得点開示が送られてきた。目を背けたくなるような酷い点が並ぶなか、数学の欄を見ると    ー数学   0点     生まれて初めてテストで0点を取った。しかも人生がかかって […]

  • 2018年5月13日

ELLEGARDEN復活のニュースを聞いて浪人時代を思い出した。

    金曜日、衝撃的なニュースが飛び込んできた。       ーELLEGARDEN復活。     Twitterでその情報を得た僕はあまりの驚きにしばらく動くことができなかった。     そしてポケットにあるiPodを取り出し、彼らのファーストア […]

  • 2018年4月25日

学歴コンプとどう向き合えばいいのか。

    皆さんからの質問に答えるコーナー第三弾。    今回はこんな質問が届きました。        この時期ならではの質問です。学歴コンプとどう向き合ったらいいか。この問題については僕自身悩まされた過去がありました。   そこで今日はなぜ学歴コンプ […]

  • 2018年4月5日

楽天カフェは渋谷のカフェ問題を解決してくれる救世主だと思う。

    (大変残念なのですが楽天カフェは2018年12月24日に閉店してしまいました。僕はそれをまさに閉店の日にお店を訪れて初めて知りました。楽天モバイルにリニューアルするそうです。)   四月になった。温かくなった街は人で溢れ、新しい出会いで賑わっ […]

  • 2018年3月16日
  • 2019年9月9日

全ての浪人経験者、これから浪人する受験生に捧げる

    高校3年生の2月末、僕はそれまでの生涯の中で最大の絶望を食らい、膝から崩れ落ちた。第一志望の二次試験の数学を終えた休み時間。本当に1問もわからなかった僕は試験を諦め、滑り止めで受けた私立大学の合格発表を見た。 しかしそこに僕の受験番 […]

  • 2018年3月10日

休日の虎ノ門ヒルズが勉強するのに最適だった

  この前の日曜日、新橋で午前中に予定があり、夜の渋谷でのミーティングまで時間があったので散歩も兼ねて虎ノ門まで歩いてみました。   新橋駅から歩いて10分程度の所に虎ノ門ヒルズはあります。         高〜いタワーに輝く「M」の文字。六本木でお […]

  • 2018年2月26日

見るだけで意識が高くなる個人的に好きな動画を紹介します

  皆さん春休みいかがお過ごしでしょうか。   春休みに全部読むぞと決意して図書館で借りた本はベッドの下で埃を被り、一冊マスターするぞと意気込んで買ったC言語の参考書はインテリアと化してはいないでしょうか?   今日はそんなあなたに、見るだけで意識が […]

  • 2018年2月17日

フィギュアスケートでスピンが速くなる物理的な理由

  平昌オリンピックが連日話題になっています。 中でも冬季オリンピックの目玉といえば”フィギュアスケート” 羽生結弦選手、宮原知子選手をはじめ、日本人選手のメダル獲得が期待されています。   さてそんなスケートの華麗な技の一つ”スピン”   www. […]

  • 2018年2月12日
  • 2019年9月17日

合格まで平均8年!最難関資格”アクチュアリー”とは。

    簿記、宅建、公認会計士…この世には数え切れないほどの資格がある。 中でも人気の公認会計士は、資格取得まで平均2-4年かかると言われ、平均年収は926万円にもなる。(平成27年度厚生労働省賃金統計調査より) しかし世の中に […]

  • 2018年2月8日

通過列車に近づくと危ない物理的な理由

  今日も研究が進まなかった、会社で上司にこっぴどく叱られた、恋人にフラれた…そんなとき、ふっと駅のホームに引き込まれ、危うく電車に…なんて経験があるかもしれません。   駅のホームは常に死と隣り合わせです。僕は日常でこんなに […]