全米を震撼させた謎のウンコ魔、捕まる

ぼんやりとタイムラインを眺めていると、こんなニュースが流れて来た。

  

www.foxnews.com

 

 

 

英語の記事なので簡単に要約すると

 

「ニュージャージー高校教育長のトーマスさんが、毎日高校のグラウンドでウンコをしていたのが見つかり、逮捕された。」

 

というニュースだった。

 

え?

 

 

「学校の生徒と職員がほとんど毎日グラウンドに人間がウンコをしていることを発見。謎のウンコ魔と呼んでおり、監視カメラにトーマスさんのウンコならぬ犯行の

映像が残っており、逮捕に至った。」

 

「トーマスさんは取り調べに対し、「毎日グラウンドでウンコしていたのは私です。」と容疑を認めた。」

 

「トーマスさんの代理人は『彼にはランナーズ”ゲリ”の症状がある』として情状酌量を求めている。」

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181025224636j:plain

ウンコ現場ならぬ犯行現場となったグラウンドとトーマス容疑者

 

 

は?!

 

こんな”クソ”みたいな記事を書いてしまい本当に申し訳ないのだが、本当は僕は意識高めの記事だけじゃなくて、ふざけた記事も書きたいんだ。そして何より、こういう下らない話が三度の飯より好きなんだ…もし食事中の人がいたら心の底から申し訳ない。

 

 

……にしてもランナーズ”ゲリ”ってなんだよ。

 

これ僕が意訳したんじゃなくて、実際に”Runners Diarrhea”ってあるんですよ。どんな言い訳だよ。ランナーズ”ゲリ”で仕方なくグラウンドで脱糞したって…

 

こんなぶっ飛んだおっさんがいるのがいかにもアメリカらしいおバカというか、何より高校教育長という立派な仕事をしてたおっさんだったのが驚きだ。

 

彼は今後一生「脱糞教育長」として生きていくのだろうか…

てか罪名は何なんだろう…公然ウンコ罪とかあるのかな…強制わいせつ、ならぬ強制排泄罪とかだったりして…

 

そんなクソどうでもいい妄想が頭を過ぎる。

 

結局有罪判ケツを受けてしまったトーマスさん。

 

大きくなっても道端でウンコするような大人にはなるまいと、彼の虚ろな表情を見て紙に…いや神に誓った。

 

Twitterでは爆速で役立つ情報発信をしてます