意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

HTML名刺が便利すぎたのでみんな使ってほしい

 

 

すんばらしいWebサービスを発見しました。

それがこちらのHTML名刺

 

html.co.jp

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181209153417p:plain



 

みなさん自分の名刺って持ってますか?

社会人の方なら持ってるかと思いますが、僕をはじめ学生の多くはまだ自分の名刺は持っていない方が多いのではないかと思います。

 

だって大学生は会社にも入ってないし、そんな語れるほどの経歴もない人がほとんどですから。

 

でも名刺、できれば欲しいよね。

言うなればそんな堅苦しいものじゃなくて、もっと軽い感じの気取らない名刺が。

TwitterとかインスタとかブログのURLも乗っかってて、簡単にアクセスできるような名刺が......

 

そう。そんな気取らない自己紹介ができるのがHTML名刺なんです。

 

HTML名刺の魅力は何と言ってもそのシンプルな見た目使いやすさ

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181209105754p:plain

 

こんな感じでニックネームとかを使ってシンプルで気取らない名刺を作ることができます。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181209105801p:plain

 

 

 

 

 

実際に僕も自分のHTML名刺を作ってみました。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181209105820p:plain

 

他のおしゃれなリンク集サービスってデザイン性を追求しているあまりイカつすぎたり、意識高すぎたりして敷居が高いものが多いのですが、このHTML名刺はいたってシンプルです。シンプルなのに僕みたいに意識が高い自己紹介を気取らずさらっと書けちゃいます。URLもたくさん貼れちゃいます。

 

せっかくなのでお仕事の依頼ももらえるようにがっつり書いてみました。

ブログのリンクも貼れるのでとっても便利。

 

完成したのがこちらです。

 

html.co.jp

 

何が便利かって、このリンクを送れば一気に自己紹介もTwitterも、インスタも、Facebookもメールアドレスも教えることができちゃうってとこです。

 

紙の名刺でもらってもメールするとき一々手で打ち込まなくちゃいけないし、LINEで送るにしても一々TwitterのIDやらインスタのIDを送るのめんどくさいですよね。

 

それがHTML名刺のリンクを送るだけで一発で解決

すごいぞHTML名刺。

 

実際にはあちゅうさんや岡本麻里さんといった有名人も使っています。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181209155133j:plain

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181209155135j:plain

 

本当だったらTwitterのプロフィールには山ほどURLがあってごちゃごちゃしてしまうところですが、HTML名刺のおかげで超スッキリしています。素晴らしい。

 

ちなみに作った名刺はこんな感じで公開されているので自分の名刺を見て気になった人から仕事の依頼が来るなんてこともありえます。可能性が広がりますね。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181209115220p:plain

 

 

 

他にもTwitterとインスタのアカウント名対応表なんてのもあったりして、めちゃめちゃ便利です。どっちも一発で分かる。そのままクリックすればサイトに飛べます。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181209105812p:plain

 

ちなみにこのHTML名刺。 阿部寛のホームページ並みに爆速です。めちゃめちゃ速い。格安SIMでひもじい電波で生きてる僕が開いてもパッと表示されます。

 

これ以上の速さで紙の名刺を名刺入れから出せる人なんていないです。爆速で名刺交換。もう使わない手はないでしょう。

 

ちなみに最近僕はいろんな場所に出かけることが多くなり、名刺をもらう機会が増えました。

 

でも名刺って紙だし、曲がらないようにしまうのも大変だし。多分自分の名刺を持ち運ぶようになったら場所もとるし重いしで大変だと思います。

 

HTML名刺のようなリンクを送るだけで名刺交換できるようになったら、ものすごく便利だと思います。ぜひみなさん、HTML名刺、使ってください。

 

僕もみなさんのことが知りたいので、リプライでもDMからでもリンクを教えてください!

 

これからもっともっと活動の場を広げようと思っているので、面白い人と実際にあってお話しもしてみたいです。ぜひみなさん使ってね。

 

それでは。