Audibleで子ども向けの絵本や児童書を無料で読み聞かせする方法を紹介します

こんにちは!家にいる時間が増えている今、特にお子さんのいる家庭ではどうやって遊んであげればいいのか頭を悩ませている方も多いかと思います。そこで今回はAmazonが提供している”本が聴ける”Audible(オーディブル)というサービスを使って無料で絵本や児童書を読み聞かせする方法を紹介します!

1. Audibleってなに?

Audible(オーディブル)はAmazonが提供している”本が聴ける”サービスです。プロのナレーターが朗読した本の音声を聴くことができます。本と違って家事をしながら、運転をしながらAudibleを使うことで作業しながら楽しむことができます。

朗読も子ども向けの本はBGMや効果音がついているものも多く、お子さんを飽きさせることもありません。

今回紹介するのは通常月額1500円のAudibleを無料体験して、本を無料でゲットする方法です。とっても便利な方法なのでぜひ試してみてください!

本をゲットしたらすぐ解約しても大丈夫です!解約しても本は残るのでずっと聴くことができます!

2. Audibleでこんな本が無料で聴けます

Audibleはビジネス書や小説も充実していますが、子ども向けの児童書や絵本も充実しています。なんとどれも無料体験するだけで本当に無料でゲットできちゃうんです。

イソップ童話日本むかし話ハリーポッターなど誰もが知ってる名作がたくさんあります。

注目してほしいのは「価格」「再生時間」です。「ウサギとカメ」「北風と太陽」「アリとキリギリス」など誰もが知ってる作品で知られるイソップ童話全集は4500円「桃太郎」「浦島太郎」「サルカニ合戦」が入ったむかしばなしベスト100は3500円もします。

 

「親ゆびひめ」「マッチ売りの少女」「みにくいアヒルの子」で知られるアンデルセン童話集も4500円とかなり高いです。オーディオブックはナレーターが全て朗読している分、普通の本より高くなってしまいます。

しかし無料体験に加入すれば毎月プレゼントされるコインで本を1冊無料でゲットできます!

 

そして絵本や童話は再生時間が長いのも魅力です。総再生時間が10時間〜40時間もあるのでお子さんにずっと読み聞かせを聞かせてあげられます。バックグラウンド再生もできるので、スマホでAudibleを再生しながら別のアプリを使うこともできます!とっても便利!

 

3. Audible無料体験の方法

こちらからAmazonのAudibleのページに行きます。

 

「無料体験を試す」から無料体験に登録します!

 

以上で完了です!お好きな本を探して自動的にゲットできてるコインでダウンロード!

本が聴ける新しい体験をお楽しみください!

 

4. Audibleの使い方

使い方はとっても簡単です。音楽アプリのようにライブラリから再生するだけです。

再生速度やスリープタイマーも設定できてとても使いやすいです。

この章が終わったら自動でストップ!のような設定もできるので延々と流れっぱなしになることもありません。

5. Audibleを解約する方法

無料体験で本をゲットしてからすぐに解約してもダウンロードした本はずっと残ります。無料体験以降使う予定がない方はすぐに解約してもOK!

 

Audible公式サイト

→スマホの場合、ページ下部からPC版サイトを表示

→アカウントサービス

→アカウント情報から退会手続きをすることができます

 

無料体験中に解約すればお金は一切かかりません。無料でダウンロードした本もずっと残るので聴くことができます

 

以上、Audibleの無料体験を使って子ども向けの本をダウンロードして読み聞かせする方法を紹介しました!

普通に購入したら数千円はする本も無料体験を使って無料で手に入れることができます。

再生時間も10時間〜40時間以上のものもあり、効果音やBGMもついていてお子さんを飽きさせません。

掃除をしながら、料理をしながらAudibleを再生して”本を聴く”新体験をお楽しみください!

 

この記事が役立った!と感じていただけたらシェアしていただけると嬉しいです!

それでは素敵な1日を!

<参考記事>

音声学習ドットコム

こんにちは。音声学習ドットコムです。この記事では音声学習を3年間続けている僕がオススメするAudibleの使い方を紹介し…

音声学習ドットコム

こんにちは。音声学習ドットコムです。この記事では毎日Audibleを聴いている僕が心からおすすめできるAudibleのお…

<関連記事>

関連記事

 将来的に世界の人口が増えていく一方で、日本の人口が1億人にまで減ったとしましょう。日本語しか話せない時点で、他の99億人とコミュニケーションを取ることなく、全世界のたった100分の1の狭い世界で生きていくことになります。[…]

Twitterでは爆速で役立つ情報発信をしてます