意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

Twitterはオワコンで、インスタの時代が来たのだろうか。真面目に語ります。

 

 

皆様にご報告があります!

この度Instagramをはじめました!

www.instagram.com

 

是非是非!フォローをお願いします!!!

 

とまあいきなり宣伝で始めてしまいましたが、改めて。

 

この度意識高い系中島はInstagramアカウントを開設しました。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190216035045j:plain

 

え、なんでTwitterもやってるのにインスタなの?

やる意味あるの?

 

等々色々な質問があるかと思いますが、せっかくなので意識高い系中島diaryの名に恥じぬよう真面目にその理由を語ろうと思います。

 

 

 

1. 「Twitter教えて」って誰も言わなくなった

これまで僕は、意識高い系中島としてTwitterで活動して来ました。2016年の9月から始め、色々な紆余曲折を経て開設から1年5ヶ月後の2018年1月に7000フォロワーを達成。ちょうどその時期にこのブログを書き始めました。

 

もちろんリアルのアカウントでもTwitterはやっていました。何を隠そう僕はもともとかなりTwitterにのめり込んでいまして、高一からTwitterを始め、通算5万ツイートくらいしてたリア垢と、10個くらいの趣味垢を作って使っていました。

 

ツイ廃の頃、色々な面白いアカウントが生まれては消えていく様をなんども目にして来ました。好きだったアカウントが顔出ししたり宗教じみたことを始めて衰退していく様、顔バレして叩かれる様、炎上して凍結に追い込まれた様、などなど。

 

他にもこうすればバズるんだなあってポイントや、これはウケない、炎上しちゃうんだなあなんてポイントもなんとなく分かってきて。そこで今までの知識を総動員したらそこそこ大きなアカウントを自分でも作れるんじゃないかと思って始めたのがこの活動でした。

 

僕流のTwitterでフォロワーを爆増させる技はいくらでも語れるので、いつか記事にしようかと思っています。ちなみに読者さんとのイベントではTwitterのみならずブログの技についても語ったりしています。ここでそれを言うとインチキくさいですが、とても楽しい会なのでぜひ来てくださいね。一応この前のリンク貼っておきます。

 

www.nakajima-it.com

www.nakajima-it.com

 

ここだけの話、2月28日木曜日か3月8日15日の金曜日のどこか二日間で開催しようと思っているので、興味のある方いましたらDMください!インスタからでもTwitterからでも!

 

さて話を戻しましょう。僕はそんな感じでTwitterに費やした膨大な無駄な時間をどうにか自分にとってプラスになるように活用できました。しかしこの一年間で大きく状況が変わりました。

 

僕がリアルのアカウントで真剣にインスタを始めたのは今からだいたい1年前でした。今まではいちいち私生活をインスタにあげるなんてダセえと尖っていたのですが、みんな楽しそうに使ってるしやってみるかと始めてみたんです。これもまたとにかくなんでもやってみるの精神ですね。そしたらこれがすごい楽しい。

 

 

 

何よりストーリーがすごいんですよ。15秒の動画が、ポンポンと流れる。この動画ってのがね、Twitterはあんまりないじゃないですか。で動画にはね、静止画にない音、動き、そういったリアルの要素があるんです。見ていて楽しい。まるでその場にいるかのような臨場感。これはおもろいって思いました。

 

そしてこの1年間はブログを始めて行動が積極的になったのもあり、即レスフッ軽を意識し、色々な人に会う機会が増えました。

 

www.nakajima-it.com

 

そこで新しい人と会う際、どのSNSを交換するかといったら、圧倒的にInstagramなんですよね。

 

「インスタ教えてー!」ってな感じで。

誰も「Twitter教えて!」とは言わない。

しかもLINEも交換しない場合も多いんです。

 

今でもインスタは知ってるけどLINEは知らないからインスタでだけメッセージやりとりしてる人も結構います。

 

ではなぜみんなTwitterを離れてインスタにシフトしつつあるのかと言うと、それはインスタを見ればそのひととなりが分かる方だと思うんです。どこに旅行に行って、何が好きで、どんな生活をしているのか。インスタの投稿を見れば一目でわかりますよね。

 

ただTwitterはそうではない。気軽にテキストを投稿できるのは魅力的ですが、そのひととなりまでは分かりにくい。より私生活に密着したインスタの方が相手を知るには適しています。

 

あとはもちろんオシャレさですよね。綺麗な写真、動画は見ているだけで楽しいです。今まではなんとなくTwitterでタイムラインを眺めている時間が多かったですが、今はインスタのオススメをみる方が楽しかったりします。

 

そんな訳で、最近は明らかいにインスタに勢いがあると感じています。そこでこの度新しい活躍の場を求め、インスタに進出しようと思い立ったわけです。

 

 

 

 

2. インスタの魅力

インスタの魅力の一つはスピード感です。24時間で消えるストーリー。こいつが非常に面白い。

 

タップすると次のストーリーにパッパと切り替わるんです。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190216123323p:plain



これは使いようによっては色々なことができます。例えば四コマ漫画的なものをやったり、ツッコミを入れたりなどなど。僕のインスタではそう行った新しい使い方を武器にして行こうと思います。

 

そして24時間で消えるのも魅力です。始めはなんで24時間で消えんねん意味わからんと思っていましたが、24時間で消えることによってリアルタイムの状況をその都度アップしやすいんです。

 

例えばTwitterだと、今日限定のお得なキャンペーンがあるぜー!とつぶやいても、次の日には意味のない情報になってしまうわけです。それが24時間で消えるストーリーならやりやすい。こういった点もインスタの魅力です。

 

そして付け加えるとすれば、より幅広い層にアプローチできる点も大きな魅力です。正直僕のTwitter、ブログの読者の方は多くが男性で、18歳から20代前半の方が大半です。もちろん僕に興味を持ってくださりとても嬉しいのですが、できたらもっと多くの方に読んでもらいたいんですよね。

 

一方インスタはどんな年齢層の方も使っていて、特に女性陣の力が強いように思えます。そういった今まで僕のことを知らなかった層の方にも楽しんでもらえるようなコンテンツを発信し、インスタの方をやっていこうと思っています。

 

目標は半年後の8月16日までに1万フォロワーを獲得することです。

Twitterで培ったノウハウをこちらでも活かし、皆さんにとって楽しい役に立つアカウントを作り上げることを第一にやっていきます。どうかよろしくお願いします。

 

 

 

3. Twitterはオワコンなのだろうか

さて、インスタの魅力を語りましたが、一方でTwitterはオワコンなのでしょうか。テキストの時代は終わり動画コンテンツがネット世界の主流になり、Twitterは消えて無くなるのでしょうか。

 

僕はそうは思いません。

 

一部界隈は動画の時代が来た!Twitterはオワコン!ブログもオワコン!これからはYouTubeの時代!なんて不安を煽っていたりしますが、無視してください。

 

どんな時代でも、自分の手で、他の人が作れないモノを生み出し、それを使って人を幸せにできるコンテンツは生き残ることができると僕は信じています。

 

動画には動画の、文章には文章の良さがあるわけです。

 

僕は本が好きで、ビジネス書よりは小説が好きで、小説のように読む人に何か生き方に良い影響を与えられるような文章を書きたいと思い、ブログを始めました。

 

 

 

ブログはオワコン!なんて言ってる方もいますが、そうは思いません。Twitterも同様で、確かにインスタに勢いがあるのはそうですが、Twitterは今でも誰もがニックネームで自分の趣味について自由に発信できるいい場所だと思っています。今も昔も、Twitterは自分のプライベートは隠しながら言いたいことを言える場所だと思っています。これからもそう言った人たちの居場所としてTwitterは機能するでしょう。

 

今回僕がインスタアカウントを作ったのは、Twitterがオワコンだからではなく、新しい場所で楽しいことがしてみたいと言うワクワクから作ってみたって感じです。実際皆さんに公開してから早速フォローしてくれる方がたくさんいて、色々なアイデアが浮かんで来ています。始めてよかった。皆さんが楽しめるコンテンツになるよう、工夫してまいります。ぜひフォローをよろしくお願いします!

 

www.instagram.com

 

さて、今回は僕がインスタを始めた理由と、Twitterはオワコンなのかについて語りました。誰がなんと言おうと、最後に大切なのは自分の意志です。流されてはいけません。自分が楽しいと思えるかつ、人を幸せにできるコンテンツはどんな場所であれウケます。それを忘れず僕も色々な舞台で挑戦していこうと思います。

 

それでは素敵な1日を。