意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

【北欧一人旅】スウェーデン編 ミートボールの聖地 Meatballs For The Peopleへ

 

 

<北欧一人旅前回の記事>

www.nakajima-it.com

 

森の墓地を後にした僕はお昼を食べにストックホルム中心地へ向かった。Medborgarplatsen駅で降り、お目当のお店へ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181106112712j:plain

 

皆さんはスウェーデン料理と言えば何を思い浮かべるだろうか?かなりの人がなーんにも思い浮かばないのではないかと思う。

 

ここでヒント。皆さんご存知のこの家具屋さん。

 

 

IKEAはスウェーデン発祥だ。そしてIKEAでご飯を食べたことがある人ならピンと来るかもしれない。IKEAと言えば...そしてスウェーデン料理と言えば...

 

ミートボールだ!!!

 

そして今回カウチサーフィンで泊めさせてもらったホストさんにオススメされたお店がこちら!!!

 

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181106112734j:plain

 

Meatballs For The People

みんなのミートボール!!!なんて直球な名前なんだ!!!

 

meatball.se

 

思い返せばこの北欧一人旅。日本よりはるかに高い物価に殺され、ほとんどコンビニやスーパーの安いご飯で済ませて来た。ノルウェーでめちゃめちゃ美味しいサーモンを食べたくらいしか現地の料理を食べていない。久しぶりの郷土料理だ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181106112723j:plain

 

こちらのMeatballs For The Peopleは僕が行ったときは金曜日11時半までの来店でランチを割引してくれた。

 

店内に入るとすでに行列が。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181107171020j:plain

 

天井も高く北欧らしい温かみのある、それでいてモダンな内装。このセンスは一体どこから降って来るのだろうか。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181107171032j:plain

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181107171052j:plain

 

レジで注文を済ませ席に座って待つ。

どういうわけか日本人観光客ばかりで、7割が日本人だった。

個人的にわざわざ一人旅しているのに日本人に出くわすことほど萎えることはないと思っているので、おきまりの無言で中国人感を演出する。

 

 

 

 

しばらくしてミートボールが届いた。綺麗!!!

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181106112750j:plain

 

常連さんだろうか。皆さん料理が届くとすぐさまお皿を持ってカウンターに向かっていた。僕も行ってみると、ピクルスやチーズがセルフサービスで取り放題になっていた。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181107171104j:plain

 

せっかくなので取りまくる。こんな感じになった。

さっきの方が見栄えはいい気がするが気にしない気にしない。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181107171127j:plain

 

お値段1310円。

ランチでこの値段は大学生にとってはかなり高いが、北欧を旅行しているうちに感覚が狂って来た。2000円しないだけで安いと思うようになっている。

 

ちなみにスウェーデンはノルウェー、デンマークと比べると物価が安い。特に物価が高いノルウェーの人はわざわざスウェーデンまで来て買い物をすることもあるそうだ。

 

さて、席に戻ってお待ちかねのいただきます。

 

もちろん一口目はミートボール。

 

 

......うまい。

 

ホストの人が日本のIKEAのミートボールはパチモンだと言っていたが、確かにこのミートボールの方がジューシーで美味しい。肉!!!って感じだ。

 

おとなりのマッシュポテトもよく合う。セルフサービスのピクルスの程よい酸味が食欲をそそり、クリームチーズと合わせてミートボールを食べるとまろやかな優しい味が口に広がる。

 

これが本当のミートボールってやつか...

 

ストックホルムの地で一人、ミートボールの聖地で本物の味を知った。

 

隣に座っていたのは日本人の女子大生二人。彼女たちも「マジうまくね?てかミートボールってスウェーデンなんだ。てかどこでも作れね?」なんて言っていた。

 

確かにそうだなと思いつつ中国人のふりをしているので無心でミートボールを頬張る。

 

写真では少なく見えたかもしれないが、一つ一つが大きく、マッシュポテトもかなり量がある。おまけにピクルスやチーズを多めにとったため、かなりお腹いっぱいになった。味もよし、コスパもよしのまさにミートボールの聖地だ。

 

皆さんもストックホルムを訪れた際にはぜひMeatballs For The Peopleで真のミートボールを味わってみてほしい。