効果測定に7回落ちた話

 

 

こんなはずじゃなかった。 

 

 

教習所に通い始めて半年。ようやく第一段階を終えた。

通っている人ならわかると思うが、自動車の免許を取るには教習所に通う必要があり、第一段階と第二段階を終えて試験をクリアすれば免許を手にすることができる。

 

ただ

 

マジでつまらない。

 

残念なことに僕は車に一ミリも興味がない。運転したいとも思わないし自分の車が欲しいとも思わない。

 

当然ながら教習は退屈の極みだ。

 

授業は本当に苦痛だ。興味のない教科書の読めば5分で分かる話を教官がえんえんと読み、50分が過ぎるのをひたすら待つ。

 

授業する教官も教えるのが本職ではないから絶望的に話がつまらない。抑揚のない声で教科書を棒読みするだけで眠気に襲われる。

 

スマホも禁止。私語も禁止。内職も禁止。居眠りも禁止。

 

どれか1つでも破れば教室を追い出され改めて受け直さなくてはならない。

 

自分でつねったりほっぺをひっぱたいたりしてなんとか耐えた。本当に時間の無駄だ。

 

一方、運転するのはまあまあ楽しい。

でも事故ったら怖いし絶対高速なんか乗りたくない。

特に僕の地元は治安が悪く、ありえん速度でブッ飛ばしクラクション鳴らしてヤン車が煽ってる様をなんども見てきた。絶対に運転したくない。地元では。

 

さてなんやかんやで退屈な教習を乗り越えた僕は、次に第二段階に進むための学科の勉強内容の習得度合いを確認するための効果測定というものを受けなくてはならない。その効果測定には2回合格する必要がある。

 

 

運転がそこそこ得意だった僕は難なく実技はパスできた。

 

 

効果測定に7回落ちた。

 

????????

 

もう一度言おう。

 

効果測定に7回落ちた。

 

 

 

 

こんなはずじゃなかった。

 

 

何度やっても受からないのだ。

問題数は50問で合格には9割の正答、つまり45問以上の正解が必要だ。

 

僕が通っていたところでは1日に3回まで受けられた。

 

さあいくぞ。記念すべき効果測定初受験。

結果はなんと...

 

Twitterでは爆速で役立つ情報発信をしてます