意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

【北欧一人旅】ノルウェー編 ソグネフィヨルド絶景の旅 by Norway in a nutshell①

 

 

<北欧一人旅前回の記事>

www.nakajima-it.com

 

 

朝4時半に目覚めて僕はのそのそと起き上がり、まだ暗い部屋をこっそりと抜け出し、気温が7度しかない陽もまだ昇らぬオスロの街に出た。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091215j:plain

 

背中にはこの旅の全ての荷物を背負い、腰にはウエストポーチ。もう一つのトートバックの中には水とスーパーで買ったパンが詰まっている。重たい。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091223j:plain

 

目指すのはオスロ中央駅。ここから3kmもある。

トラムの駅を見つけた。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091230j:plain

 

が、残念なことに事前に調べたダイヤと実際のものが異なっており、始発まで30分も待たなくては行けない。ただでさえギリギリの状態で凌いできた北欧一人旅。ここまで風邪を引いていないのは奇跡だ。意を決して少し離れた地下鉄まで歩くことにした。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091237j:plain

 

 

 

本当に誰もいない。ただ僕の足音が、しーんと静まり返った路地に響くだけ。

男一人。明け方のオスロを歩く。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091243j:plain

 

歩く。歩く。歩く。そしてようやく駅に到着。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091251j:plain

 

やはり誰もいない。本当に電車が来るのか心配になったが、思いの外すぐに来た。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091315j:plain

 

行き先が心配で駅員さんに聞いたら、これで大丈夫だと教えてくれた。

10分後、オスロ中央駅に到着。ホームが凍えるくらい寒い。中に入ろう。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091333j:plain

 

時刻表を確認。まだ時間がある。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091346j:plain

 

さて、これから僕が乗ろうとしているのはベルゲン急行だ。それとフロム鉄道と船を乗り継ぎ、12時間に及ぶフィヨルドの旅に出る。

 

フィヨルド。地理を選択していた人なら分かるだろう。

氷河によって削られた入江のことだ。今からそれを見に行く。

ノルウェーには世界一有名なフィヨルドがある。その名はソグネフィヨルド。

 

高校の地理で初めてその写真を見て以来、死ぬまでに絶対行こうと心に決めた。

これからその絶景に会いに行く。ぶるっと体が震えた。

 

さて、今回はNorway in a nutshellでフィヨルドツアーを予約した。

 

www.norwaynutshell.com

 

飛行機、コペンハーゲンカード、そしてこのツアーの予約も全て英語のサイトで行った。これはちょっと疲れた。

 

 

 

実は昨日のオスロ観光の際、オスロ中央駅で予約したコードを入力して、チケットをカウンターでもらっていた。

 

スケジュールはこんな感じ。

 

06:25 オスロ出発 byベルゲン急行

11:37 ミュルダール到着

12:13 ミュルダール出発 byフロム鉄道

13:10 フロム到着

13:30 ソグネフィヨルドツアーへ by 船

15:30 グドヴァンゲン到着

15:40 グドヴァンゲン出発 byバス

16:55 ヴォス到着

17:41 ヴォス出発 byベルゲン急行

18:55 ベルゲン到着

 

といった感じだ。ちなみにそれぞれの街の位置はこんな感じ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181022180814j:plain

 

総移動距離400km以上の大冒険だ。さて、この12時間に及ぶ旅を一人で無事終えることができるだろうか。4時半起きで眠い目をこすりながら、入念にスケジュールを確認した。

 

駅のコンビニで食料を買う。持ってるパンが味気なすぎるので華のあるものを買いに来た。が、高い。日本の倍はする。

 

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091402j:plain

 

パンとコーヒーのセットがそこそこ安かったのでそれにした。

パンとコーヒーのセットで25NOK=350円

何と言っても北欧はコーヒー大国。こいつを飲まなききゃ1日が始まらねえ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091409j:plain

 

ホームに戻ると電車が到着していた。チケットを入念に確認し、さらには駅員さんにまで確認して乗車。もしこれが間違っていたら全て台無しになる。ミスは許されない。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091353j:plain

 

座席を見つけて座る。席の上に荷物を入れるスペースもあり、充電もできた。さらにWiFiも飛んでいるのでめちゃめちゃ助かった。さすが北欧だ。

 

コーヒーとパンでホッと一息。

 

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091429j:plain

 

 

 

お昼のためにこのよく分からないサラダらしきものも買った。対して大きくもないのに800円もした。高すぎる...

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091441j:plain

 

そして時刻通りに電車が出発。さあ、冒険の始まりだ。

20分も走ると都会の面影はすっかりなくなり、山々が延々と続く。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091454j:plain

 

隣にいたシンガポールから来た親子と仲良くなった。

息子が全て手配して、連れて来てくれたらいい。なんていい息子なんだ。

シンガポールも物価は高い方だが、ノルウェーの方が抜群に高いらしく、昨日もスーパーで済ませたと言っていた。やっぱり高いよね。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091511j:plain

 

電車はどんどん進む。ノルウェーはいたるところに湖があり、いくつもいくつも通り過ぎていった。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091532j:plain

 

しばらくすると山肌が見えるようになって来た。綺麗だ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091552j:plain

 

天気は快晴。秋の北欧では珍しい。よかったよかった。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091559j:plain

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091613j:plain

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091621j:plain

 

遠くに雪も見えるようになって来た。外の気温の表示は7度。やっぱり寒い。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091630j:plain

 

ちなみに車内に売店もある。高いけどね。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091643j:plain

 

どんどんと電車は進む。5時間にも及ぶベルゲン急行の旅。だが外を見ていても全く飽きない。日本では見られない山の見せる表情に、ハッと息を呑んだ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091652j:plain

 

途中、駅で10分停車した時があり、外の空気を吸いに出た。

うう...寒い。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091659j:plain

 

駅にはレンタルサイクルがあったりした。標高はいつの間にか800mくらい。山をサイクリングする人がいるのだろう。世界って広いな。

 

 

 

再び電車に乗り、山の間を走り抜ける。オスロ中央駅で買ったサラダらしきものを食べる。美味しい。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091711j:plain

 

そして5時間の長旅を終え、ミュルダールに到着。標高866m。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091724j:plain

 

ここで1時間待つ。幸い駅の中に待合室があったので温まることができた。

ちょっと休んで外を散策。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091733j:plain

 

ノルウェーの、しかもオスロからどれだけ離れたかも分からない山の駅のホームに一人立つ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091746j:plain

 

この光景を見ただけで、本当に旅に出て良かったと思った。美しい。

 

ここにもレンタルサイクルを発見。いったいどんなルートでサイクリングするんだろう。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091759j:plain

 

 

駅にはカフェもある。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091806j:plain

 

時刻表を入念に確認し、ホームの反対側へ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091813j:plain

 

泣いちゃいそうなくらい綺麗だよ。綺麗。なんだこれは。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091826j:plain

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091838j:plain

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091846j:plain

 

気がつくと寒さもいつの間にか気にならなくなり、夢中でカメラを回した。もしかしたらこの先、一生ここに来ることはないのかもしれない。そう思うととっても悲しくて、でもここに今立ってることがとても愛おしく思えて、どうにかこの幸せな瞬間を残そうと、写真だけじゃなく動画も撮りまくった。ありがとう。ノルウェー。

 

1時間後フロム鉄道が到着。これは自由席で、進行方向の左側に座ると絶景が見やすい。そのことは調べて知っていたのだが、電車がホームに侵入して来た方向と逆に走り出したため、右側に座ってしまった。

 

それでも綺麗な写真はいっぱい撮れた。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091858j:plain

 

そして名物の滝に到着。一旦停車して外に出ることができる。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091906j:plain

 

すごい水しぶきでびしょびしょになった。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091913j:plain

 

しばらくして滝の近くの岩に謎の白装束の女性が出現。う、歌っている?!

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091921j:plain

 

 

 

水しぶきの激しさで映ってないが、この猛烈な滝の流れの側で女性が歌っていた。こんな粋な演出もあるらしい。ただ滝の音がうるさ過ぎてよく聞こえなかった。ノルウェーの民謡を歌っているとかなんとからしい。

 

さて、再びフロム鉄道に乗る。

さすがは山岳鉄道。切り立った山々が迫る。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091926j:plain

 

川の勢いも激しい。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091933j:plain

 

うおお。青い空に緑の山。すごい。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091940j:plain

 

小さな村もある。こんな山の中で、いったいどうやって生活しているんだろう。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091947j:plain

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021091958j:plain

 

 

1時間のフロム鉄道の旅を終え、グドヴァンゲンに到着。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021092006j:plain

 

こんなところまで来ちまったぜ...すごいなノルウェー。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20181021092017j:plain

 

さて、ここからは船に乗っていよいよソグネフィヨルドクルーズだ。

ここまででも十分美しい景色を堪能したが、僕が死ぬまでに見たかったあの光景はこの先で待っている。

 

<続く> 

www.nakajima-it.com