意識高い系中島diary

都内在住。意識高い系大学生の見聞録。Twitter ID @Nakajima_IT_bot

モテるためにクッキーを作るんだ

LINE@始めました!イベントや役立つ情報を最速で配信してますのでぜひ友達追加をお願いします!

友だち追加 

 

 

僕は最強になるために生きているから、筋トレをしているし、英語の勉強もしているし、毎日ブログをアップするように心がけているし、いつまでも美しくいられるように美容にも気を使っている。

 

そして僕は最強になるために生きているから、もちろん料理もしている。

 

理想のカラダを手に入れるために高タンパクの料理を心がけ、野菜を取ることも忘れない。体は資本だ。自分の面倒は自分で見るものなのだ。

 

そして料理ができるとモテる。

 

は?と思ったそこの君。冷静に考えてみるんだ。

 

「料理ができる男」「料理ができない男」がいるとしよう。

 

どっちがカッコいいか。

どっちと付き合いたいか。

どっちと結婚したいか。

 

もちろん「料理ができる男」だろう。当たり前だ。料理ができるに越したことはない。じゃあなぜ君は料理をしないんだ。僕を納得させることができる答えがあるのならそれでいい。今すぐこんな記事を読んでいるタブを閉じて、YouTubeでも見ていればいい。

 

もし料理をしない理由が答えられないのなら。少しでも料理をしてみたくなったのなら。もう少しこの記事を読んでみてほしい。

 

 

今日僕がみんなに伝えたいことはただ一つ。

 

クッキーを作れ。

 

以上だ。

 

は?と思ったそこの君。僕も同意見だ。僕も生まれて初めて「クッキーを作れ」と言われた時、「は?」と思った。

 

あれ1ヶ月前のある日。翌日に友達とのパーティーがある日だった。ふと友人に「クッキー作って持ってきて」と言われたのだ。

 

二十数年生きているとパーティーに出ることだってある。まあ言うほど大したものではないが、あるにはあるのだ。僕はそこで突然「クッキーを作れ」と言われた。理由は「みんなびっくりするから」だ。筋トレのイメージが強い僕がクッキーを作って持っていったら面白そうとそいつは言うのだ。

 

誰でもできる簡単な料理は数多くトライしてきた僕だが、お菓子作りはしたことがなかった。

 

しかしそこで思ったのだ。

 

「お菓子が作れる男」「お菓子が作れない男」

 

どっちがカッコいいか。

どっちがモテそうか。

どっちが強そうか。イケメンなのか。

 

答えはもちろん「お菓子が作れる男」だ。

 

そのことに気づくや否や、僕は「クッキー 作り方」とググり、スーパーへ走り出した。

 

「現代において料理ができない」なんて言い訳は通用しない。

 

「〇〇 作り方」

 

でググれ。

レシピが出てくる。

そして、日本語を読め。

書いてある日本語が読めれば料理はできる。

それでもできないなら義務教育からやり直すしかない。

 

なに?材料を買う金がないだと?今すぐ立ち去れ。貧乏は嫌いだ。こっちまで心が貧しくなる。自炊した方が安く済むことがなぜわからない。君が喜んで食ってるLチキだのファミチキだのの原価はいくらだ。肉を買って焼け。安い。とにかく料理をするんだ。

 

 

話がそれたが、クッキー12枚を作るのに必要な材料はざっとこんな感じだ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714161747j:plain



薄力粉とバターと卵とココアパウダーとアーモンド。

 

ググれば誰でもわかる。今回は大量に必要だったのでかなり多めに用意した。

 

まず計りは絶対に必要だ。お菓子作りは分量が命だ。他の料理とは違う。正確に決められた量を入れなくてはならない。ない人は今すぐAmazonで買おう。重さが計れればなんでもいい。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714161833j:plain

 

タニタ はかり スケール 料理 1kg 1g デジタル ホワイト KD-187 WH

タニタ はかり スケール 料理 1kg 1g デジタル ホワイト KD-187 WH

 

 

まずバターを必要なだけ用意し、溶かす。もちろん湯煎でだ。分量についてはググれば誰でも分かるので、君が見つけたレシピの通り作ればいい。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714161909j:plain

 

続いて砂糖とか小麦粉とかを測る。しっかりと。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714161912j:plain

 

続いて卵黄を取り出す。こんな感じでカラをうまく使うと分けられる。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714162203j:plain

 

 

ひたすら下準備をする。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714162223j:plain

 

アーモンドは砕いておく。スライスアーモンドが売っていればそれを買おう。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714162458j:plain

 

そしてこいつの出番だ。

 

ハンドミキサー!!!

 

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714162543j:plain

 

こいつを使うだけでちゃんと料理してる感がでる。

 

ここまで読んだみなさんでハンドミキサーがない方がいたら買うしかない。

 

 

というのも手動でバターをあわ立てていくのは至難の技なのだ。筋トレのおかげで力を手にした僕ですら無理だった。ここは大人しく文明の利器に頼ろう。

 

 

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714162554j:plain

 

ウィーン

 

まずはバターが白っぽくなるまであわ立てる。

 

続いて砂糖と卵黄を入れ混ぜる。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714162607j:plain

 

 

 

ハンドミキサー楽しい。

 

次は残りの粉とアーモンドを加え、切るように混ぜる。サクサク感を出すには押すように混ぜるのはダメだ。優しく混ぜるんだ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714162622j:plain

 

ここまで混ぜたら棒状にする。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714162634j:plain

 

だんだん形になってきた。

 

そして冷蔵庫で1時間くらい冷やす。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714162644j:plain

 

おっと、言い忘れたが料理の間はずっとBODで2倍速でニュースを見ている。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714163944j:plain

 

1秒たりとも無駄にはしない。料理は片手間にできるものだ。

 

www.nakajima-it.com

 

そして卵黄を取り出すときに余った卵白も無駄にはしない。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714162213j:plain

 

筋トレをしているみなさんにとって、命の次に大切なのがタンパク質だ。余った卵白をフライパンにぶち込んで

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714163953j:plain

 

炒める!

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714164008j:plain

 

ケチャップをかけて

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714164018j:plain



食う!今回は卵を6個使ったので、卵6個分のタンパク質を摂取することができた。

 

まだ時間が余っていたので筋トレもした。横になれるスペースさえあれば誰でもいつでもどこでも筋トレできる。やれない理由はこの世に存在しない。

 

www.nakajima-it.com

 

 

さて、冷やしたクッキーの棒を切る。厚さは君の自由だ。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714164407j:plain

 

オーブンに入れて

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714164417j:plain

 

焼く。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714164428j:plain

 

今回は180度で20分焼いた。

実は以前クッキーを焼いたとき、焼き時間が長すぎて焦げてしまったことがあった。

 

わざわざバターや卵、砂糖を混ぜ、2時間くらいかけて炭を錬成したことになる。なんて不毛な時間なんだ。

 

手間暇かけて炭を作った。なんてネタを生み出さないよう、時間には気をつけよう。

 

 

そしてクッキーの完成。

 

f:id:Nakajima_IT_blog:20190714164438j:plain

 

う、うまい。こんな簡単にクッキーが作れるなんて。

 

翌日。作ったクッキーをパーティーに持って行き、とても好評だった。

 

いいか。全国の迷える子羊たちよ。モテるためにクッキーを作れ。

 

クッキーを作れる男と作れない男だと、作れる男の方が強い。

 

強くなるために生きろ。強くなるために料理をしろ。

 

僕と一緒に最強になろう。 

 

www.nakajima-it.com

www.nakajima-it.com

www.nakajima-it.com

www.nakajima-it.com

www.nakajima-it.com

www.nakajima-it.com

www.nakajima-it.com