ラブホに行くのはもうやめよう。

 

1. ラブホで起こる気まずい経験

カップルがお互い実家暮らしだと、お泊まりデートする場合、ラブホテルに泊まることになる。

 

ラブホテル。それはそういう場所だ。

 

そういう場所がゆえに、こんな気まずい経験をしたことはないだろうか。

 

目当てのラブホに入ろうとしたらどこも満室でラブホ街をさまよい歩き『あ...』となる。

チェックアウトの時間が他の部屋の人と被りそういうことした後の人たちと出くわして『あ...』となる。

ラブホ街で知り合いと出くわして『あ...』となる。

 

いろんな『あ...』を経験した人も多いことだろう。

 

そんな君たちの僕は言いたい。

『ラブホに行くのはもうやめよう』と。

 

「何?一人暮らししろだと?そんな金ねえよ」

そんな声が聞こえてきそうだが、僕が提案するのは一人暮らしではない。

 

ラブホに泊まるよりもっと安い値段で、エレガントに、素敵な夜を過ごせる方法があるのだ。

 

 

2. ラブホと普通のホテルを比較する

ラブホはそういったラブホが集結する街を歩く気まずさに加え、高いというデメリットがある。

 

そこで僕が提案したいのは

 

『ラブホに泊まるのはやめて普通のホテルに泊まろう』

 

ということだ。

 

ここでいう普通のホテルとはシティホテルのことであり、Booking.comやAgodaで検索すると出てくるホテルのことをさす。

 

ここでラブホ街として名高い渋谷の道玄坂のラブホの情報を表にしてみた。

 

ラブホの料金はこちらのサイトから調べ、最安値を採用した。

https://happyhotel.jp/searchArea.act?jis_code=13113

 

シティホテルの価格についてはBooking.comで2019年11月30日に調べ、平日の値段は12月15日(日)〜16日(月)の、金曜日は13日(金)〜14日(土)の、土日は14日(土)〜15日(日)の最安値を調べ、満室の場合はその日から最も近い日の最安値を採用した。

 

今回採用したホテルは両方とも口コミ評価が高いハズレないホテルである。

 

ちなみに僕はいまスタバで白昼堂々ラブホのサイトを開いている。

 

最新の洋楽ヒットチャートを聴きながら、スターバックスラテを片手に、最新型MacBook Air13インチの画面に映し出されているのはラブホのサイト

 

 

 

母あん。僕はいま大学をサボって、真昼間っからラブホを調べています。

 

 

 

話を戻そう。

 

今回取り上げたシティホテルはこんな感じだ。

 

新宿グランベル
ビスタプレミオ東京赤坂
ビスタプレミオ東京赤坂
ヴィラフォンテーヌ六本木
 

 

めっちゃいいでしょ。

 

上の表だけ見ると『ラブホの方が安いじゃん。気まずいとかどうでもいいからラブホにするわ。』と思うかもしれない。

 

 

ここで先ほどの表にひと工夫加え、”滞在時間””1時間あたりの料金”を追加してみよう。

こんな感じになった。

 

 

そして以上10個のラブホテルの1時間あたりの料金を平均すると

 

平日 559円

金曜日 817円

土・祝前日 991円

 

対してシティホテルは

 

平日 485円

金曜日 678円

土・祝前日 858円

 

になる。全てにおいてシティホテルの方が安い。

ここで上記の1時間あたりの平均料金より安いシティホテルに赤枠を付けてみた。

ご覧のようにシティホテルがほとんどの場合においてラブホテルより安いのが分かる。

 

 

滞在時間単体で見ても、シティホテルの方が長い場合が多い。

カップルでゆっくり過ごしたい場合、シティホテルの方が向いている。

 

そして先ほども触れたように、シティホテルはこんなにイケてる。

 

三井ガーデンホテル汐留
センチュリオンレジデンシャル赤坂
品川プリンスホテル

(品川プリンスホテルは高いイメージがあるが、平日であればかなり安く泊まれることもある)

 

 

3. ラブホに行くのはもうやめよう

以上の点を踏まえると

 

目当てのラブホに入ろうとしたらどこも満室でラブホ街をさまよい歩き『あ...』となる。

チェックアウトの時間が他の部屋の人と被りそういうことした後の人たちと出くわして『あ...』となる。

ラブホ街で知り合いと出くわして『あ...』となる。

 

なんて気まずい思いをして微妙な空気になるよりも、事前にシティホテルを予約して一泊した方が圧倒的にカッコいい。

 

1時間あたりの料金もシティホテルの方が安い上に、滞在時間も長く、立地もいい。

いつも行かない街に泊まって、新しい美味しいお店を開拓することも、夜にお洒落なバーに行くこともできる。

トータルの満足度はシティホテルの方が高いだろう。

何より気まずい思いをせずに済む。

 

 

ラブホに行くのはもうやめよう。

 

 

たまには都心のイケてるシティホテルに泊まって素敵な夜を過ごしてみてはいかがだろうか。

 

今回は僕がいつも使っているBooking.comでホテルを検索したが、他にもAgodaなどいろいろなサイトがあるのでぜひ試してみてほしい。それでは素敵な1日を。

 

LINEに感想とか送ってくれると泣いて喜びます。役立ち情報も配信してるのでぜひ。

 

友だち追加

 

面白かったらTwitterでRTやインスタでシェアしてくれると嬉しいですッ!

 

<おすすめ記事はこちらから>

関連記事

  //    カツオ君は海山商事で働く新卒2年目のサラリーマン。    一浪して第1志望の大学に入り、そのまま普通に進級し、見事第1志望の企業に採用されました。優しい上司や励まし合える同期に囲まれ、幸せ[…]

関連記事

  //     人はヒマだとメンヘラになるのだと思う。   今まで男女問わず数多くのメンヘラと接してきたが、色々考えを巡らせてみると、彼らはみなヒマが原因でメンヘラ化した。   […]

関連記事

  //     「阿部寛のホームページというサイトがある。」   と言うとなんだか奇妙な日本語だが、確かに阿部寛のホームページは存在する。   阿部寛のホームページ &nbs[…]

関連記事

  「大学でやっておいた方がいいことってなんですか。」という質問をよくもらうのだけど、その質問に対する僕の答えは「好きなことをやったらええんちゃう」である。就活のために何かするなんて馬鹿げているし、せっかく時間があるのだから好き[…]

Twitterでは爆速で役立つ情報発信をしてます